>  屋外日本雑誌  >  33 号 : 3月/4月 2010  > コラム  >  The Naked Stranger  >  Episode 2: Maguse Onsen - The Travelers Friend

コラム

The Naked Stranger

By The Naked Stranger

Episode 2: Maguse Onsen - The Travelers Friend

2010
33 号

“Save water, share a bath.”

馬曲温泉: The Travelers’ Friend

この不思議な国にやって来た私。私の国では、人前で裸になったら捕まるし、他人と一緒にお風呂に入るなんてとんでもないことだ。妻は日本人で、わかってない私にいつもあきれている。
税関を通る時や警察に質問された時は、トラブルを避けるためにわかっていないフリをすることもある。こういう時だけは、妻も理解してくれているようだ。とにかくわかってないのは私自身も十分承知している。私にとってこの国は本当に謎だらけだ。
そんな私がこの国で1つだけ同感できるのが温泉だ。私は温泉が大好き。最初はあまり興味がなかったが、その素晴らしさにだんだんと気が付いてきた。足を入れたときのヒリヒリ感が全身のほっこり感に変わるあの温かさがたまらない。

温泉からあがった後のぼんやりした感じもいい。実は、温泉の後でのぼせてしまったこともある。自動販売機でなんだかわからない(読めない)飲み物を飲むことでさえ、楽しく感じるから不思議だ。
温泉がある場所へなら移動も苦にならない。そしてついに今年、野沢温泉の道祖神祭りへ出かけることにした。日本の3大火祭りの1つで毎年1月15日に行われる。友人たちに何度も勧められていたが、混雑した場所が苦手な私は、妻の希望を無視し続けてきた。酔った男たちがたいまつを持って争うというのは面白そうだが、それが寒い真冬の夜だってことに妻や友人たちは気付いているのだろうか。
結局私は、野沢温泉の人々が火祭りを楽しんでいる間に、馬曲温泉へと抜け出した。

馬曲温泉が開かれたのは1987年。日本経済新聞によると東日本で屈指の温泉らしい。掛流しの温泉、つまり、地下から湧いたお湯をそのまま使い、再使用しない100%天然のお湯だ。
「馬曲」は「馬」という漢字に山間の曲がりくねった危険な道を表す「曲」。地元の観音様が旅人を支えた馬に見えるのも納得できる。今でも馬曲温泉は、旅人を癒しつづけているのだから。
一緒にお風呂で、水を節約

馬曲温泉、長野県木島平村
所在地: 〒389-2302長野県下高井郡木島平村大字住郷5567-1
料金: 大人 ¥500 / 子供 ¥200
Tel: (0269) 82-4028
Web: www.maguseonsen.jp

評価: ★★★★
いいところ: 露天風呂からの景色が素晴らしい。水がきれい。
よくないところ:冬季はスキー客で混雑することがある。洗い場は内湯。馬曲までバスはないので、車か
クシーが必要。

温泉:
100%天然ナトリウム温泉
美肌および若返り効果あり
団体割引あり
周辺にスキー場多数

宿泊: 和室6人まで利用可。6人で素泊まり1泊¥15,750 (一人¥2,625)
食事: 馬曲定食 (名水火口そば、てんぷら、笹すし、豆腐、山菜等)
周辺: 木島平スキー場、竜王スキー場、野沢温泉
アクセス: (電車)長野市から飯山線で飯島駅へ。馬曲へのバスはないので、駅からはタクシーで15分。(車)上越道豊田信州I.Cでおり、国道292号と国道117号を通って県道38号へ。その後は馬曲の標識に従う。

プレゼント?
あなたの好きな温泉を紹介してください。馬曲温泉の入浴と定食をプレゼントします。