ホーム > その他の項目 > ニュース & ノート> 大地を守る会、被災生産者の復興を支援するプロジェクトを開始

ニュース & ノート

大地を守る会、被災生産者の復興を支援するプロジェクトを開始

Aug 23 (Tue ), 2011

大地を守る会、被災生産者の復興を支援するプロジェクトを開始

Copyright 大地を守る会


有機食材宅配を手がける大地を守る会は2011年4月1日より、被災生産者の復興を支援するプロジェクト「大地と海の復興プロジェクト」を開始した。

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、農業や漁業など第一次産業に携わる生産者は、畑や田んぼ、港、加工場など、生産の基盤を失った。一日も早い被災地の復興と生産活動の再開が望まれるが、港の修繕や漁船の調達、津波にのまれた田畑での有機農業の再開には、相当な年月を要すると考えられている。

このため、同プロジェクトでは、被災地の生産者が、震災前の天職を活かせるよう、新たな土地で生産活動を再開する橋渡しを行う。農業については、同会の有機農産物等栽培基準に則った栽培を行う農家に限定し、被災生産者の受け入れ等、支援の要請を行う。水産業については、全国の水産関係団体に協力を呼びかけ、使わない漁船の寄付等、支援内容を集約する。

同プロジェクトでは、全国の生産者からの支援内容と被災生産者からの要望との適切なマッチングを行い、個々のニーズに合った復興支援を目指す。被災生産者に対する情報提供は、同会の契約生産者へ行うが、契約生産者以外でも要望があれば、受け入れ等を行う予定。

Courtesy of Japan For Sustainability