>  屋外日本雑誌  >  Issue 24 : 9月/10月 2008  > 特徴 >  Last of the True Explorers

特徴

2008
Issue 24
Last of the True Explorers
By Gardner Robinson

「人類が地球上で、いまだ成し遂げていないことってなんだろう?」

自転車で仕事場に向かっているときに考えた。世界最高峰しかり、世界一 周飛行、航海においてもすでに達成されている。世界の隅々まで、誰かが分厚いゴアテックスブーツを履き、冒険を証明するためのHDビデオカメラを持って訪 れているだろう。

人間は本来探検好きなのだろうか? 冒険といえば高い場所しか見ないようだ。新しい冒険は意外に自分の足元にあるのかも しれない。

こんなことを考えたのは、世界的な洞窟探検家ケーシー・マッキンレーをインタビューするからだ。ケーシーは、彼の友人ジャロッド・ジャブロンスキーととも に、現在のケイブ・ダイビングの世界記録保持者だ。

ケイブ・ダイビングについてあまり知らないけど面白そうだから、次の週末にでも水中洞穴探検をしたいと思うだろうか? 真っ暗な水中で26時間過ごす。そ のうちの16時間は海面から数メートル下で、減圧停止しなくてはいけない。

減圧停止は、減圧症をふせぐため、地上にあがるまえに海中にと どまり、体内の窒素を減らす、とても重要なプロセス。ウッドビル・カースト平原プロジェクト(WKPP)は毎週末、フロリダ北部のウッドビル・カースト平 原の泉に集まって洞くつに潜り、地下水脈の地図をつくっている。この洞窟は米国最大で、世界でも4番目の大きさがある。

マッキンレーらは1993年以来、WKPPのメンバーとして活躍している。スキューバ器材メーカー・ハルシオン社のスポークスマンでもあ り、器材のトレーニングに韓国を訪れる途中、短期間だが来日した.

陽の良くあたる東京のオフィスのバルコニーに座り、ケーシーはこのケイビング・プロジェクトについて話してくれた。

「調査 や、水中地図をつくらないなら、ケイビングは時間の無駄だと思う」

そう、彼は説明する。

アウトドアジャパン(以下OJ) フロリダの小さなダイビンググループが、なぜ探査という名のもとに体力の限界を尽くすのだろうか。ケーシーがケ イブ・ダイビングを始めたきかっけは?

ケーシー・マッキンレー(以下KM) 大学の時、ダイビングの最後の授業で連れていってもらったんだ。それが、たまたまフロリダ州ゲインズビルの郊外にあ る泉でダイビングしたんだ。泉にはだいたい、洞穴の入り口がある。洞窟が気になったので、あとでまた同じ場所に戻ってダイビングをしてみた。以来、現在ま で続いているというわけなんだ

OJ ダイビングとケイブ・ダイビングはどこが違うのでしょう?

KM ダイビングは通常30~45分。だけど、ケービングは短くても 1~2時間。ぼくは最長で27時間潜っていたこともある。調査をしたり、地図をつくったりするのでケイブ・ダイビングで要求されるのは、なにより距離なん だ。

OJ ケイブ・ダイビングで今もっとも注目されている場所はどこでしょう?

KM 北フロリダかな。世界でもっとも活 発にケイビングが行われている場所だろう。WKPPメンバーのうちの75人はいつもそこで潜っている。世界の三大洞窟はすべてメキシコにあり、過去5年か ら10年のあいだに、活発に調査されてきた。ユカタンの洞窟は知られているなかで、もっとも大きい。オーストラリアもケイブ・ダイビングが盛んだ。スペイ ン、フランス、イタリア、それにニュージーランドもケイビングが行われている。

OJ アジアではどうなんでしょう?

KM  アジアについては、まだ未知の世界。鍾乳洞や地上の洞穴もある。日本にも海底洞窟があるし、溶岩でできたものもある。
 

OJ 何故、北フ ロリダが人気なのでしょうか?

KM 簡単に潜れるからだと思う。多くの洞窟が誰でも自由に泳いだり、ダイビングできる州立公園内にあるか らね。でも、経験豊富なダイバーや、難しい許可証を得ないといかない場所も多いんだ。

OJ 過去と現在のケイブ・ダイビングに変化はある のでしょうか?

KM 現在はケイビングの情報が豊富だし、よりよい器材と技術が発展した。最近の器材は頑丈で、耐久性に優れているんだ。
昔 はケイブ・ダイビングに必要な器材を自分で開発する必要があったんだ。だから、1996年以来、ハルシオン社の製品開発にかかわってきた。

ケ イブ・ダイビングには、深度と距離が重要だ。深く潜れば、横穴になっている洞窟に入っていけるからだ。そこでは器材の善し悪しに左右される。

最 近の照明器具は長時間の使用に耐え、フォーカスやビームの強さも調節できるようになっているようになった。ハルシオンの以前のモデルは2時間30分しか使 えなかったが、現在のものは13時間使えるんだ。

栄養学や呼吸法といった僕らの経験も蓄積された。ガスの混合法もわかってきて、長く潜っ ていられるようになった。僕が自己記録を更新したときは、7種類の混合ガスを使ったんだ。試行錯誤しながら学んできたというところかな。

OJ  長時間潜っていると、途中で休息したくなったりはしないのでしょうか?

KM 長時間続くときには海中作業基地を使うんだ。基地のなかに は酸素を入れておくので、数分だけどマスクをはずして食事を食べたり、気分転換できる。

小さいものだと、頭か肩ぐらいまでしか入らない。 大きいものはなかに入って、スターバックスのコーヒーが飲める。スナックも食べるし、頭をクリアにすることができるんだ。

OJ  洞窟を探検するのは大変ですよね。

KM 多くの洞窟は迷路のようだ。ワクラ・スプリングの地図を完成するのには、10年かかった。だか ら、安全のためにもってリールロープをもって潜る。帰り道は、それを辿って帰るんだ。あとは、いつも2台のリブリーザー(二酸化炭素を吸引し、酸素化する 潜水器材)をもっていく。入り口付近にひとつおいておいて減圧停止のときに使うんだ。

移動には、水中スクーター(DPV)を使う。10m 以上の深さでは、酸素だけでは危険だ。だから10%酸素、85%ヘリウムのトリミックスを使う。一人のダイバーにつき6つDVPをときどき使うんだ。
 

OJ  ケーブダイバーの共通性は?

KM 多くの人が冷静で、準備を怠らない。探究心が旺盛、粘り強くもあるかな?

OJ ケイ ブ・ダイビングをやっていて、もっとも嬉しかったことは?

KM フロリダのワクラスプリングが一時期汚染がひどく、みな疑問におもってい た。そして僕らは、20マイルはなれているタラハッセのある物が原因と突き止めた。

汚染物質は2ヶ月かけて20キロ先にある、ぼくらがダ イブしている泉に届いたのだ。処理された水は砂、ライムストーンそしてケーブを通り過ぎ、泉にとうちゃくしたのだ。僕らは協力し汚染源をみつけた。その結 果、市当局が2億ドルという金額の補助金を出してくれることになった。

お金がかかるプロジェクトだが、この動きに市民もに賛同してくれ た。自分の住むコミュニティーの環境に役立つことができたのはとても満足がいく経験だった。

OJ ケイブ・ダイビングに特に注意しなくて はいけないことは?

KM 予想外の天候。雨は視界を遮るので危険要因だ。あとは、友人のiPodの音楽セレクションかな(笑)

OJ  20時間という時間、何度も潜る理由は?

KM ダイビングのプロセスそのものが魅力なんだ。仲間とのチームワークも好きだ。それと、誰 も踏み入れたことのない場所へ辿りついたときの興奮と満足感。ヴァージンケーブで、20~30m巨大な岩を仰ぎながら泳ぐのはなんともいえないね。

注 記:2008年6月13日、ケージー・マッキンレイとジャロッド・ジャブロンスキーはワクラスプリングからメキシコ湾に抜け、27時間、25,766 フィートの世界記録を打ち出した。

OJ テクニカル・ダイビングについて教えてください?

KM レクリエーションとして のダイビングの限界を超えるスキューバーダイビングだ。たとえばケイブ・ダイビング、ディープダイビング、減圧潜水、沈没船ダイビングなどだ。いずれの ケースにしろ、上部が閉ざされていたり、減圧停止をしなければならず、すぐに浮上することができない。30m以上の潜水には、窒素中毒を防止するためヘリ ウム入りのガスを使用しなくてはならない。そのため、ダイビングのスキル以外に、特別なトレーニングと器材が必要なんだ。

OJ 何故、テ クニカル・ダイビングをするのでしょう?

KM ほとんどはダイバーは、楽しいむ事が目的だよ。リラックスするためであったり、友達と過ご すためであったり。写真を撮るためという人もいるだろう。彼らは探求者だから、普通のダイバーが挑戦しないような、より深く、より長い、閉鎖されたところ に入るダイビングをしたがる。日本にも沈没船や洞窟があるけど、テクニカル・ダイビングでなければ安全とはいえない。

OJ トレーニング はどこでできるのでしょう?

KM 日本でもいくつかの団体があるが、探検家や科学者によって「Global Underwater Explorers(GUE)」という団体がダイバー育成のために設立されている。WKPPメンバー全員がGUEのトレーニングを受けているよ。GUEの トレーニングのおかげで世界記録が保持でき、安全なダイビングが続けられている。

日本国内には、「ジャパン・アンダーウォーター・エクス プロラー(JUE)」のトーマス・ヨンソンがGUEのインストラクターだね。JUEは国内外でのレクレーション・ダイビング、テクニカル・ダイビングのツ アーもやっている。