>  屋外日本雑誌  >  Issue 56 (Summer 2015) : 7月/9月 2015  > 特徴 >  Dive into the Other Oki Islands

特徴

2015
Issue 56 (Summer 2015)
Dive into the Other Oki Islands
By Bonnie Wycott

日本のダイビングスポットといえば太平洋岸やより暖かな沖縄が有名だが、日本海側も見逃せない。ボニー・ワイコットによる隠岐(おき)諸島の隠れた海底アトラクションをぜひお楽しみいただきたい。

4つの大きな無人島と180前後の無人の小島からなる隠岐の島は、いちばん大きい島後(どうご)、西ノ島、知夫里島(ちぶりじま)、中ノ島をふくむ12の島で構成されている。漁業や農業が盛んで、サザエやカキなどの海の幸、そして息をのむようなうつくしい景色がこの島の特徴だ。

ダイビングの目的地として隠岐の島の名があがることはあまりないが、だからこそ、この地のダイビングは特別だ。またここはナイトダイビング発祥の地でもある。火山様の地形や海綿や海藻におおわれた岩、砂のカーペットなどはこのエリアで見ることができるダイビング体験のほんの一部である。

 

ダイビングスポット

イグリ - 西ノ島

水深約16m、くっついたふたつの岩が目印のイグリへはボートで約10分。到着すると、岩のあいだに注意深くアンカーをおろす。水深20mになると平坦な砂底にところどころ海藻が生えているだけで、とくにエキサイティングな感じではない。

たしかに日本海ではありふれた光景ではあるが、ここでは、マクロな生命活動を探しているダイバーにも、じつはさまざまな小さな発見が待っている。華麗な古代建築のような岩場にはくっついた海綿や小さなウミウシ、はまるで魚の群れや揺らぐ海藻に反応しているように見える。

緑の海藻のあいだを探せば、鮮やかな色をみせびらかすかのように歩いているウミウシの大群や、オレンジ色のヒトデ、それから、近づくとすぐに逃げてしまうカニはマクロレンズでの撮影はもどかしいかもしれない。

さらに目を凝らしてみると、海藻のわずかな揺らぎのなかには、その緑の中に身を休める魚を見つけることができるはずだ。岩場を泳ぐイサキや、群れで移動するキハダマグロ、スズメダイの群れなど、ここはすばらしいダイビングを約束してくれる。

もっとも深くて1620m、浮上は、水面に到達するまでに、岩を伝ってゆっくり上昇することができる。上昇中は、水中までとどく太陽の光のなか、ひらひら泳ぐ魚の群れを見るのをお忘れなく。

 

星神島 - 西ノ島 

ボートで30分ほどかかるが、訪れる価値がじゅうぶんある場所である。星神島は小さな無人島で、水深は最大25m、流れが比較的強いこともあり、上級者向けのスポットである。海流が水柱の上を通って豊かな栄養を運んでくれることで、プランクトンをエサにする魅力的な魚の群れがやってくるのだ。

星神島のウォールは暗い深みへと真っ逆さまに落ちていく。ギンポ、海藻、海綿や小さな生物など、このエリアは豊かな海洋生命でよく知られる。岩の上のチューブスポンジやバレルスポンジのそばで豊かに群れをなしているうつくしいソフトコーラルが、水中へ届く太陽の光とともに、グリーンやブルーに変化する海の色に彩られているのはすばらしい光景だ。

このあたりは、昼間のたまり場にしているソフトコーラルのあいだを軽やかに泳ぎまわるスズメダイや、そのすぐそばで泳ぐイサキやブリの宝庫だ。時間をかけて見る価値のある岩場も多く、隅々まで調べれば、小さな穴や暗闇にはさまざまな小さな生命があふれているはずだ。

 

沖の畳 - 隠岐の島

大きな遠海魚の群れや海流の強さ、ダイバーに畏怖(いふ)の念さえいだかせる海中の風景など、隠岐の島周辺のダイビングスポットでは、あらゆるスリルを体験することができる。沖の畳とは文字どおり、水深25mの白い海底砂の上に横たわる巨大な岩のことである。マクロライフやその周辺を探索したいダイバーにはたまらないスポットだろう。

流れがおだやかな時もあるが、沖の畳を最大限に楽しみたいなら、とにかくこの巨大な岩の周りを泳ぐことだ。岩場の多い浅瀬は太陽の光で明るいが、深く潜るとそこはやや暗く視界も悪くなる。海藻に覆われた岩はそれ自体がもはや人工リーフのように見える。

このあたりはスズメダイの群れなどの宝庫だ。カエルみたいな顔をしたギンポが岩の中の巣から興味津々に頭を突きだしてくれると、視界の悪さも気にならなくなるだろう。目の上に羽のような触手を生やしたおかしな顔が、ダイバーが通り過ぎるたびに熱心にこちらを見てくる。巣にいれば安心だと信じきっているのだろう。シンプルで一見不毛にみえるこのスポットに、まさかこれほど豊かな生命があふれているとは思いもよらないが、ここは日本海屈指のうつくしいダイビングスポットである。

隠岐の島はありあまる海の生命と魅力的な経験を用意してくれている。個人的に、日本海はぜひもう一度行きたい場所のひとつとなった。

For more information on how to get here, read the Full Digital Edition of Traveler magazine (Issue #56 / Summer 2015) anytime, anywhere on your computer or mobile device.