>  屋外日本雑誌  >  Issue 51 (Spring 2014) : 4月/6月 2014  > 特徴 >  魅力満載、春のトレイルラン

特徴

2014
Issue 51 (Spring 2014)
魅力満載、春のトレイルラン
By Pauline Kitamura

日本の雪山が冬のコートを脱ぎはじめるこの時期は、押し入れの中で眠るトレイル用のランニングシューズをひっぱりだす時期でもある。爽さわやかで色鮮やかな日本の春がトレイルランに最適だと近年海外のランナーのあいだでも噂だが、2014年のウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)の海外参加者が倍増しているのをみればその注目度がわかる。

薄いピンク色の桜の花が公園の木々や丘、そして山々を彩る日本の春は特別だが、その美しさは儚はかない。ひとたび春の雨が降り風が吹けば、散った花びらがトレイルを覆いランナーを楽しませる。

花や草木の新芽が息吹く空気は、春のトレイルランにこのうえない喜びをあたえてくれる。春は比較的乾燥しており、気温も安定しているが、梅雨に入ると夏の湿気がやってくる。今回は、この気持ちのよい季節にお薦めのコースを三つ紹介しよう。

Read the digital for free anytime anywhere: http://issuu.com/outdoorjapan/docs/traveler-issue-51-spring-2014