>  屋外日本雑誌  >  Issue 31 : 11月/12月 2009  > 特徴 >  「乗る」か反るか

特徴

2009
Issue 31
「乗る」か反るか
By Chris Nixon

初めてのスノーボードによる痛みは体に深くきざまれる。楽しさより、痛みばかりでスノーボードをやめてしまう人がいる。それでも滑れるようになるだけでなく、飛ぶ喜びを見つける人もいるんだ。

どの企業も時間と労力を費やし、お客を増やす努力をする。スノーボードは特別だ、お客はわざわざ運転して、お金をつかい、転んで痛い思いをしなくてはならないことが多いからだ。最初の2回の運転と出費は仕方のないこととして、スノーボードメーカーのバートン社は3回もお客に痛い思いをさせないため、ラーン・トゥ・ライド(LTR)というプログラムを展開している。LTRは1999年にアメリカのスロープで始まり、初心者に初日からスノーボードを楽しんでもらうことをゴールとしている。

LTRプログラムは大好評で、2年後に日本でも始まり、今では10のスキーリゾートで行われている。そのうち3つのリゾートでは英語でのインストラクションもあるという。乗鞍高原のノーススターアウトドアアドベンチャーもそのひとつのリゾートで、国内でこのスポーツをもっとも進歩的に支持している。

「LTRは新しいレッスン方法とか、専門のレンタルギアというだけではありません」とノーススターの創始者ダン・ジュンカーは言い、「レッスンとホスピタリティーを一体化し、お客様に最高の商品と最高のサービスを経験していただくという哲学です」と熱く語り続ける。「LTRは初心者専用ボードのレンタル、レッスン、そして初めてでも楽しめるように考えられています。楽しむというコンセプトは典型的な日本のスキー・スノーボードスクールではまだあまり組み込まれていないのですが、初めての人がまたやりたいと思うことがとても重要なのです」

ギアはやわらかめのボードで鋭いエッジはなく、調整のできるワンタッチビンディングだけのシンプルなもの。バートン・ジャパンの玉岡浩一は「通常はエッジで滑っていくものですが、しかしそれはスノーボーダーの考え方ですね。やはり初めてのボーダーの方にはそもそもの問題がエッジングで、フロントサイドのターンがしにくく、そのまま転倒して痛い思いをしたり、その結果やめてしまう人も少なくありません。ここが続けていくかどうかの大きな分岐点になっているんです」と言う。

ダニエルもエコーするかのように付け加える。「僕らが目標としているのは、転ぶことなく、お客様に90分でターンできるようになってもらうことです。約束はできませんが、LTRの場合、言っていることが現実になることがよくあるんです」

LTRのすばらしさを理解しているのはアマチュアレベルの人だけに留まらない。2006年にプロサーキットを引退した元オリンピック選手の橋本通代は、スノーボードを広められることが可能な仕事を探していた。橋本選手は2003年からすでにフリースタイルのスノーボードを子供に教える“キララキャンプ”を創設していて、スポンサーのバートンが彼女にフルタイムのLTRアドバイザーというオファーを出した。キララキャンプは次第に参加者を増やしていき、昨年は31のキャンプを開催。過去6年で1,800人の子供にLTRシステムでスノーボードを教えたという。

「体は初心者に教えるときに疲れるけど、わたしの心もきれいになるので気持ちがいい。 『スノーボードは楽しい。雪が気持ちいい』という感動は初めての人にとってはとても大きいので、わたし自身の気持ちも良くなりますね」と彼女は言う。

最新のキャンプ情報がホームページに掲載されているように、過去7年間、キララキャンプは国内の様々なスキーリゾートで開催されている。しかしながら通代はこの3年間、英語のレッスンもある乗鞍のノーススター・アウトドア・アドベンチャーと密接に展開してきた。彼女はその関係性について、「ちょうどLTRがノーススターに入ったときに、私もLTRアドバイザーになりました。その冬にすぐに訪れて、ここは子供たちに紹介してあげたいと思ったんです」という。

キララキャンプとノーススターの協力関係は冬だけに限らない。キララアドベンチャー@ノーススターという3日間のキャンプは乗鞍に雪が降っていない間、多くの種類のアウトドアアクティビティーを子供たちに紹介している。

「キララキャンプ自体もアメリカのHigh CascadeとかCamp of Championsとかをイメージしているんです。ノーススターってそれにすごく似ている。庭にJib Parkがあって、川が流れているし、クライミングウォールがあって、トランポリンを出して天井まで跳ねてオッケーという環境なんです。子供たちはノーススターに着いた瞬間から寝るまで、電気を使う必要のない環境でずっと遊んでいますね」

国内の10近くのリゾートで取り入れられているLTRは、パッと流行って忘れられていく物でないと言っていいだろう。というわけでこの冬は、暖かい場所に行く代わりに、国内で羽をのばし、飛び立ちかたを学んでみてはどうだろう。

Kirara Kamp
Location:
Various Resorts in Japan 国内各地
Web: http://snowboardnet.jp/kids/kirarakamp/index.html

Northstar Outdoor Adventures
Location:
Norikura Kogen, Nagano Prefecture 長野県乗鞍高原
Phone: (0263) 93-1688 Fax: (0263) 93-1699
E-mail: info@ridenorthstar.com
Web: www.ridenorthstar.com