>  屋外日本雑誌  >  Issue 2 : 11月 2005  > 特徴 >  Two Cities, One Mountain and Wabisabi

特徴

2005
Issue 2
Two Cities, One Mountain and Wabisabi
By Adam Clark

ニューヨークの路上で腕を磨き、太平洋を越えるフリーチケットを手に入れる。腕のいいロングボード・スケートボーダー達が、聖杯が待つ地に舞い降りた。26kmの美しい斜面が待つ聖なる山、富士山へ。

身体的な痛みが・るほど、アウトドア親愛者はさらなる限界に挑む。衝動的では・ったが、ロングボード・スケートボーダーたちが、富士山5合目から山裾のゲートまでの「富士すばるライン」の26km、高低差1,500mに挑む。

富士山をスケートボードしようというアイデアは、友人と新しいゲレンデを探していたときに生まれた。急降下する斜面、大きく回る車輪、ハイスピードの安定感がスキーリゾートでドライランドを滑っているような感覚にしてくれるだろう。われわれは、その2時間後にはすでに富士山に着き、何度か試し乗りをすると、その斜面は完璧で申し分がないことがわかった。わたしは東京へ戻り、友人はイギリスへと帰国した。そしてアイデア自体が忘れかかったころ、レーサーXに出会った。

引き返せないところまで、通り越せ

レーサーX (ブラッド・ベネットは自らを、日本のテレビアニメ「マッハGo Go Go」のパイロット・三船剛の米国名で呼ぶ) は、共通の友人から、「彼は30歳半ばだが、17歳に戻っているような人だよ」と聞かされていた。彼を表すには、その言葉で十分だった。富士山のアイデアに彼も興奮し、現実することとなった。 ビデオも撮りたいという願いから、フラッシー・フラッシュ(フレッド・バーヴァル) が加わり、ジェフ・クレインとクリス・キャンベル(テラバイト・ステーション) がビデオプロダクションとして参加することとなった。

私はフランス旅行中の夜、仲間たちに計画のことを話し、コンクリート・ウエーブ・マガジンのライターで・り、ニューヨークのスケートボードコンペティション創設者ジェフ・ゲイツ氏にも伝えた。多くの人に伝えることで、後戻りができなくなりと思ったからだ。そして一週間後、ジェフから連絡が・った。

ジェフによると、2005年ニューヨークで開かれるロングボード・セッションは国際的なイベントなものとしたいが、グランドプライズには日本の富士山への切符を与えるという“見出し”を求めてきた。私自身もいい考えだと返事をし、初春ごろ、その可能性に胸をときめかせた。

最初の滑走

春がまたやってきた。午前4時45分、4人のスケーターと2人のビデオクルーが富士山5合目から出発した。一年前に偵察に来た時と同じように、5合目付近から見る景色はすばらしいものだった。我々4人(レーサーX,フラッシュ、クリスと私)はボードを振って走り滑った。そして入り口のゲートまで戻ったとき、このアイデアが期待通りのもので・ったことに満足した。

三週間後、マニー・パンギリナムがニューヨークのスタイルセッションで優勝。日本へのチケットを手に入れた。9月、成田空港に他のスタッフたちと到着した彼は、日本でのロングボードと文化を嗜むことになる。

ウェルカム トゥ ジャパン

ジェフ・ゲイツが助手席で、「この高速道路で私が読める標識は全くないよ。なにも分からない。日本って国は、ちょっと立ち寄って車をレンタルして走れる国ではないね」という。

初日は天気予報によると雨で・ったが空は澄み、富士山に滞在した3日間は天気に恵まれていた。マニー、ロビン、ジェフ、トムは長時間のフライトと、昨夜遅くまでボードを組み立てていたにもかかわらず、山に行きたくてウズウズしているようだ。

唯一のノンスモーカー、トムについてはよく知らなかったが、一番初めにベッドから起き、カメラの器具を車に積んでいる姿をみて驚いた。富士山で、・まりにも見事な手さばきでカメラを回す彼の姿をみて、・る友人が、彼はどれぐらいこの仕事をしているのかと聞いてきたほどだ。その答えにトムは、笑いながら「およそ10分ぐらいかな」と答えた。

スタイルセッションの勝者、控えめで思慮深いマニーが、イベントの後にこう書き綴っている。「富士山は、世界で最高の山のひとつだ。早く行こうと思えばいくらでもスピードが出せる。道も常にスムーズで、傾斜もおよそ5〜6度。インターナショナル・ダウンヒルコンテストは、ここですべきだよ。誰かチャンスが・るなら、絶対滑ってほしいね。ここに来れて本当によかった」。また、ジェフ・ゲイツは帰国した後に、「日本への旅は、人生でかけがいのない思い出だ。日本という場所だけでなく、そこでで・った人々がすばらしい」、と言っていた。

 11,000km離れた東京とニューヨークから、同じ考えをもつ同士が集まり、この冒険をかけがえのないものとした。そして富士山での夢の共演が、ロングボードに新しい可能性を見出したことは間違いないだろう。


イベントのビデオはこのアドレスで見てほしい。
http://www.freshpaved.com/Static_Pages/fuji.html