>  屋外日本雑誌  >  Issue 13 : 12月 2006/1月  2007  > 特徴 >  2007 WInter Gear Spotlight

特徴

2006
Issue 13
2007 WInter Gear Spotlight
By Taro Muraishi

(mattress)
CASCADE DESIGNS
Therm-A-Rest PROLITE 4 \17,325 (Regular size)

雪の上にテントを張って寝るときは、下からの寒さを防ぐのが重要。だからフォーム型より、断熱効果が高いエア注入式マットレスがおすすめだ。 (1)

(snowshoe)
ATLAS
AT-1225 \35,500
アトラスの定番モデルが一新。急坂の登攀時に踵の高さを調節するヒールリフト、トラバース時の横滑りを防ぐクランポンを装備した。 (2)   

(sleeping bag)
MOUNTAIN HARDWEAR
Banshee SL \54,600
冬の日本の野山で使うなら、寝袋はマイナス20度対応ほどを。800フィルパワーの高品質ダウンを使用し、溶着処理された表生地は防水性。 (3)

(tent)
HILBERG
Nallo GT 2-Person \80,850
テント一筋35年という、北欧スウェーデンのヒルバーグ社。2人用ながら大型前室を備えるため、吹雪いても快適そのもの。 (4)

(backpack)
OSPREY
Switch 36 \17,850
この冬思いっきり興奮させられ、物欲がモクモクと刺激されたスキー&スノーボード用パック。考え抜かれた機能が随所に盛り込まれている。 (3)

(shoes)
THE NORTH FACE
McMurdo Boot \18,900
冷たい雪の上でも、身体と心を温かに保つためのにスノーブーツは必須。特殊コンパウンドの配合で、雪や氷の上でもホント滑りにくい。 (5)   

(pole)
LIFE LINK
Guide Ultra Light \15,540

ポールの上部はイーストンアルミ製。下部をカーボンにすることでペアで390gと驚くほど軽量に仕上がったポール。2本を連結させてプローブにもなる。 (6)

(under wear)
SMARTWOOL
Mid weight Crew \7,980
Mid weight Bottom \7,455
アンダーウェアは化学繊維でなくっちゃ。なんてのは時代遅れ。メリノウールのアンダーはチクチクせず、汗が乾いたあとのゾクゾク感もない。 (3)

(outer wear)
THE NORTH FACE
Trango Jacket \25,200
遠赤外線効果で寒さを感じない「光電子プリマロフト」を中綿に使ったインサレーションウェア。湿度の多い日本の雪には、ダウンよりもシンセティックのほうが使いやすい場合が多々あるのだ。 (5)

(headlamp)
BLACK DIAMOND
Spot \5,040
2種類の明るさのLEDを搭載した超軽量コンパクトヘッドライト。重さは、たったの85g(電池抜きの場合は50g)。しかも電池寿命は最大150時間! (3)

CONTACT INFO
(1) Mochizuki (0256) 32-0819 (2) mont-bell (06) 6536-5740 (3) Lost Arrow (049) 271-7113 (4) A&F (03)3209-7575 (5) Goldwin (0120) 307-560 (6) Vertex (03) 3635-2913