>  屋外日本雑誌  >  Issue 13 : 12月 2006/1月  2007  > 特徴 >  Sno-Limo Brings Mountain Fun to Everyone

特徴

2006
Issue 13
Sno-Limo Brings Mountain Fun to Everyone
By Robert Colbourne

ゲレンデに、リムジン登場? いえいえ、「スノーリモ」はショーファー(専属運転手)に案内され、座りながらゲレンデを滑走するノリモノです。スキーやスノボードをしたことがない人にゲレンデを楽しんでもらうためのもので、スキーを履かなくても、山の景色や滑走の楽しさを味わえるようにデザインされている。

スキー板に座席がついたようなデザインのスノーリモに座ると、後ろにいるショーファーが、スキーゲレンデの絶景スポットに案内してくれる、というわけだ。この画期的なデザインは、カナダ、ウィスラー在住の兄貴によるもので、ゲストは座席に座ったままでショーファーと一緒にリフトに乗り降りできる。素材は航空機アルミ。軽量で、非常に丈夫だ。排ガスもでない。

カーブビングすると、まるでスキーヤーのように傾き、スキーを履いていないのに、まるでゲレンデをさっそうと滑っているようだ。しかも、振動吸収システムが内蔵されている。

スノーリモがあるスキー場は、カナダ西部にあるウィスラーブラックコム、サンピークス、ビッグホワイト、グラウスマウンテン、およびバンフのサンシャイン。早く日本でも乗って見たいところだが、もしかすると来年には日本にも上陸するかもよ。詳しくは、Sno-limo Mountain Ecotouring社のWebサイト( www.sno-limo.com)を覗いてみよう。

スノーリモ2007 国内デモイベント
2月2-3日: 新潟県・妙高杉の原スキー場
2月5-6日: 長野県・志賀高原焼額山スキー場
2月8-9日: 新潟県・苗場スキー場