>  屋外日本雑誌  >  Issue 25 : 11月/12月 2008  > コラム  >  Stay!  >  Annupuri Lodge

コラム

Stay!

Annupuri Lodge

2008
Issue 25

標高1,308mに位置する北海道ニセコアンヌプリ。ここは日本有数のウィンタースポーツの人気スポット。3つ のスキー場を抱える山。それぞれのスキー場のふもとに宿泊施設街がある。もっとも大きな宿泊街はヒラフ。ふたつめがニセコ東山から名前を変えたニセコビ レッジ。3番目がアンヌプリビレッジ。ここが3ヵ所のなかで、もっとも静かな場所だ。

ペンシルベニア出身のマット&マイケル・ナイマン兄弟は、東京の暮らしから離れてアンヌプリに頻繁に足を運んだ。東京と大阪の「Pureナイトクラ ブ」、渋谷の「The Ruby Room」のオーナーであるMattは言う。

”ここ10年間をナイトクラブ業界に身をおく者にとって、ニセコはちょうどいい保養地だ”という。アンヌプリに開発の話があると聞いたMattは、翌日 ファンドマネージャーの弟を飛行機で現地に向かった。そして2007年12月にオープンしたのがAnnupuri Lodgeだ。

“子供の頃Vermontのおばあちゃんのスキーハウスで過ごした冬休みを思い出すんだ”というMatt。”日本のスキー場にそんな雰囲気のある場所を作れるといいだろうな”と思ったそうだ。

モダンでナチュラルな設えを取り入れるために改装されたロッジは、30人が宿泊でき、オープンキッチンで朝食を出す。またゲストの希望があれば、昼食や夕食の自炊も可能だ。暖炉のある広いリビングは豪華で快適。50インチのTV、多様なDVD、そして任天堂のWiiがある。ビリヤードを始めとし、子供も大人も楽しめるゲームが揃っている。

道向かいには、かまど焼きピザのお店や食べ放題焼肉屋もある。ロッジにあるルーレットテーブルを備えたLucky Fingers Barは、静かな雰囲気を楽しめるバー。 “James BondとTwin Peaksのコンビネーションがコンセプトだ”とMattは言う。

アンヌプリのゴンドラまで徒歩1分、温泉まで5分のモダンで家族連れ歓迎のロッジ。冬季は、1泊大人\8,000、12歳未満の子供なら \7,000だ。

世界に誇るパウダーとバックカントリーを堪能できるロッジとして、たくさんのスノーボーダーとスキーヤーが訪れる。2009年からは、グリーンシーズンも営業する予定。1年中楽しめる場所になりそうだ。

ESSENTIALS
Annupuri Lodge
Address: 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ482-2
Tel: 090-1851-6663 (国内) or +81-90-1851-6663 (海外から)
Web: www.annupurilodge.com
GETTING THERE
空路: 国内線または国際線で新千歳空港へ。アンヌプリロッジは空港からバスで105キロ(約2時間)。
バス: 札幌または新千歳空港から往復\4,600、ロッジのスタッフが予約してくれる。