>  屋外日本雑誌  >  Issue 25 : 11月/12月 2008  > コラム  >  Eco Corner  >  Choices for Sustainable Lifestyles

コラム

Eco Corner

By Jacob Reiner

Choices for Sustainable Lifestyles

2008
Issue 25

Eco Technology
Green Gig watts

グリーンなパソコンはいかが?

コンピューターがグリーンになってきている。プラスチックに代わってサステイナブルな素材が使われ、省エネ 技術が採用されつつある。新しく発表されたデル「Studio Hybrid」は、コンパクトで電力節約型のデスクトップ・パソコンだ。ユニット全体が従来のデスクトップに比べて80%小さく、消費電力が70%も抑え られている(Energy Star 4.0仕様)。竹素材のケースもある。
木製のコンピューター、キーボード、モニター、ワイドスクリーン・ モニターをつくっているのは、アイルランドのアイエメック社だ。これらの匠の製品は、灰、ブナ、楓、黒檀からできていて、オフィスや家をナチュラルな雰囲 気にするだろう。ジニアス社「SlimStar 820 Solargizer」ワイヤレスキーボードは、ソーラーパネル内蔵で、電源は自己供給できる。だから、有害な使い捨て電池を使わなくてもすむ。ワイヤレ スのレーザーマウスは、超省エネ技術の採用で15ヶ月間も継続操作が可能だ。

WEBLINKS
Dell: www.dell.com
Iameco: www.iameco.com
Genius: www.geniusnet.com

Eco Energy
Palm Oil and Orangutans

ヤシ油とオランウータンの関係

石油ベースの原料の代替としてヤシ油(そんなにエコではない)が使われている石鹸、口紅、マーガリン、燃 料。今では、ヤシ油の需要が非常に多くなり、ヤシ油栽培が、インドネシアやマレーシアの熱帯雨林を激しく破壊している。家族経営のサステイナブルな栽培と いう選択肢もあるが、人権侵害のうえに成り立つ商業ベースの栽培が、ボルネオやスマトラのオランウータン、その他の多くの種を絶滅の危機に追い込んでいる のが現状だ。「Friends of the Earth(地球の友)」が発表した、“Oil for Ape Scandal(石油における類人猿スキャンダル)” によると、自然界に暮らすオランウータンは今後12年のうちに絶滅する可能性があるそうだ。オランウータン保護に関する詳しい情報は、FOEまたは Orangutan Foundation(オランウータン基金)まで。Orangutan Foundationは、ボルネオで類人猿に会い、彼らを助けるための保護ツアーを企画している。

WEBLINKS
Friends of the Earth: www.foe.co.uk
Orangutan Foundation: www.orangutan.org.uk 

Eco Banking
Sony Bank goes Carbon Neutral

ソニー銀行が取り組むカーボンニュートラル

ソニー銀行が、日本初のカーボンニュートラルな銀行となった。日本自然エネルギー株式会社 (JNEC)から110,000kw時の再生可能エネルギーを購入し、年間消費電力をまかなう。これによって、400tに相当する温室効果ガスの排出を抑 えることになる。日本に必要な風力、および太陽熱発電への投資にも貢献するのだ。

WEBLINKS
Sony Bank: www.sonybank.net
JNEC: www.natural-e.co.jp 

Eco Tour
Hokkaido Drift Ice Festival

北海道の流氷祭りに行くならいまのうち?

北海道・知床半島に流れ着く流氷が、過去のものになってしまうかもしれない。網走や紋別の流氷祭 りも同様だ。ナショナル・ジオグラフィクによると、北極の氷は当初の予想を上回る速さで溶けているという。2004年に網走に流氷が漂着したのは54日の み。以前は、平均87日だった。冬の2月、夜空の下に浮かび上がる天然の氷の彫刻を見に多くの人が訪れる。今のうちに行ったほうがいいかもしれない。

WEBLINK
www.okhotsk.org