>  屋外日本雑誌  >  Issue 26 : 1月/2月 2009  > コラム  >  Eco Corner  >  Eco Corner

コラム

Eco Corner

By Jacob Reiner

Eco Corner

2009
Issue 26

エコスピード
スノーボードワックス


スノーボードのワックスに何が含まれているか考えたことがあるだろうか? Purl racingの環境担当者に聞いたところ、スキーやスノーボードワックスには、発がん性物質であるPFCが含まれていると言う。やがて雪解けと共にPFC は私たちが飲む水にたどり着くのだ。PFCはまた、温室効果ガスにもなり、大気中で50,000年もの間漂うことになる。Purlのオールナチュラルワックスは、100%生分解可能で、無害、さらに再生可能な風力エネルギーを使って製造されている。ワックスは、プラスチック包装の代わりに再使用可能なベルベット生地のバッグに入って販売される。今シーズンは罪悪感なしで滑れるということだ。注文はインターネットで。

WEBLINK
www.purlracing.com

エコロッジ
Freedom Inn

今年、パウダーの後はフリーダムインで暖かいココアはどうだろう。フリーダムインはニセコグラン・ヒラフの花園エリアから徒歩圏内のヨーロッパスタイルのホテル。

快適さを損なうことなく、北海道の自然に対する影響を最小限に抑える“グリーン”な取り組みを実践している。エコな工夫は、暖房と温水のためにエネルギーを効率よく利用する、タオルやシートの過剰サービスを避ける、使用済み電池のリサイクルボックスを設置する(珍しい機能)など、大げさなものではない。自給可能な暖房には、薪ストーブ。エコで暖かい。温泉からの発電やハイブリッド車の導入も検討しているそうだ。

WEBLINK
www.freedom-inn.jp

エコ目標
日本のエネルギー消費

2008 年、前福田首相は、日本エネルギー消費を再生可能なエネルギーに移行するという目標を掲げた。2020年までに太陽エネルギーの導入を10倍に、2030 年までに40倍にするというものだ。

つまり、新しい家の80%の屋根にソーラーパネルが設置されるということになる。世界全体から見ると小さな一歩だが、家庭のエネルギー消費では日本は先駆けとなる存在だ。他の先進国に比べると日本の家庭でのエネルギー消費は一番低く、その量は、なんとアメリカの家庭の半分、カナダの家庭の3分の1なのだ。CO2排出量については、日本はまだまだやるべきことがたくさんある。ヨーロッパやアメリカでは、家庭からの CO2排出量が減っているのに、日本では、1990年から30%も増えているのだ。無駄な電気は消しましょう。

エコセクシー
暖かいブラ&ショッピングブラ


Cool- Bizキャンペーンは盛り上がったが、半そでスーツがいまいち受け入れられなかったのは残念だ。日本のブラメーカー、トリンプのデザイナーもエコを取り入れようとしている。Warm Bizブラとして、レンジで温めるジェル内蔵で、寒い日の温かいブラが登場。

さらに注目は“No!レジ袋ブラ”で、なんとこのブラはかわいい買い物袋として使えるのだ。トリンプがエコを取り入れ始めたのは1997年で、PETボトルをリサイクルしたブラを発売したのが始まり。サイトを見ると、携帯電話を充電できる太陽光発電ブラなども発表している。さすがにこの商品は広告用だろうが、サスティナブルな創造力が注目を集めている。
WEBLINK
www.triumph.com

エコデータ
グリーンIT

私たちの経済や暮らしの多くは情報技術に支えられているが、これらテラバイト単位の情報量には多くのエネルギーが使われているのが現実だ。経済産業省によると、パソコン、テレビ、サーバー、ネットワークにかかる消費電力は、2050年までに12倍に増えると見られている。

この問題に取り組むにあたり、政府はグリーンIT推進協議会を設け、効率的にエネルギーを利用し、コンピューターによる地球温暖化への影響を制限する方法を検討し始めた。シャープのCEO、NEC社長、日立会長らも参加している。IT業界に関わっているなら、今後のプランやフォーラム等をサイトでチェックしてみてはどうだろう。

WEBLINK
www.greenit-pc.jp

エコウォーム
再使用可能なホッカイロ

スキー場に出かける前、私は罪悪感とともにホッカイロをブーツに入れる。しもやけ対策になって便利だが、中身は一体なんなのだろうか? 捨てた後はどうなるのだろう?  ReHeaterならこんな心配は無用。塩が結晶するという現象を利用したホッカイロで、何度も繰り返し使うことができる。詳しくはサイトで。

WEBLINK
www.9thtee.com/reheater.htm