>  屋外日本雑誌  >  Issue 27 : 3月/4月 2009  > コラム  >  Trail Recipes  >  Okinawa Cooking, Part 3 of 3: Simple Champuru

コラム

Trail Recipes

By Akira Suzuki

Okinawa Cooking, Part 3 of 3: Simple Champuru

2009
Issue 27

材 料
ソーメン、ミョウガ、大葉
長ネギまたはアサ ツキ、
カツオブシ、ポン酢醤油
ゴマ油、コーレーグースー

沖縄料理のもっとも有名なものとしてチャンプ ルーという料理がある。豆腐や野菜、ポークラ ンチョンミートなどを炒めた料理で、主な具材によっ て名前が変わる。ゴーヤーチャンプルーはニガウリ、 マーミナーチャンプルーはモヤシ、フーチャンプルー は麩を使う。

ソーミンチャンプルーのソーミンとは内地で言うところのソーメンのこと。ソーメンは内地では夏に冷製で食べるのがポピュラーな食べ方だが、沖縄ではチャン プルーの具として使われるのが一般的なのだ。

今回はソーミンチャンプルーをヒントに、炒め る手順を省いて簡略化しつつ、もう少しあっさりと食 べられる方法を考えてみた。できるだけ食材数を減 らすためにチャンプルーのメイン食材とも言える豆 腐も省いているが、実は豆腐の入らない料理はチャ ンプルーとは呼ばないそうなので、こだわる人は細 かく刻んだ豆腐を加えるといいだろう。一緒にハム などを入れてもいいかもしれない。

あっさりと、と言いつつゴマ油を加えているの は香り付けのためとチャンプルーの雰囲気をどこか に残したかったためだ。忘れずに加えてもらいたい。 ちなみにチャンプルーとはマレー語で「混ぜ合わせ る」という意味で、この言葉からも沖縄がいかに東 南アジア文化圏であったかがよく分かる。

材料の最後にあるコーレーグースーは島トウ ガラシを泡盛に漬け込んだ沖縄名産の激辛香辛料。 定食屋や沖縄そばの店では必ずテーブルの端に置 いてあり、料理に1~2滴振りかけるだけでグッと パンチが効いた感じになる。沖縄ではドボドボ盛大 にかけているウチナーンチュ(沖縄県人)も見かけ るが、ビギナーは厳禁だ。

Finely mince the ginger, shiso, onions and spices.
Boil the somen and strain thoroughly.

Mix the sesame oil and ponzu soy sauce into the somen, then add the prepared mixture and top with katsuobushi. Add just enough koregusu to make things interesting.