>  屋外日本雑誌  >  Issue 29 : 7月/8月 2009  > コラム  >  Cycling Japan  >  Hokuriku: Cycling Around the Noto Peninsula

コラム

Cycling Japan

By Takashi Niwa

Hokuriku: Cycling Around the Noto Peninsula

2009
Issue 29

「千枚田の眺めがいい」 「禄剛埼からの眺めは素晴らしい」  能登をサイクリングしていると、出合う地元の人がよくこのように教えてくれる。しかしこちらが 「この小さな入り江と漁港に続く道が、本当に素晴らしいんです」 というと、その土地に住んでいる人は「そんなもんかなぁ」といわんばかりの不思議そうな顔をする。

有名な観光地は、確かにそれはそれでいい。金沢や輪島はとても魅力的な町だ。でもそれはこの半島の数ある魅力のひとつに過ぎない。サイクリングをしている とそう感じる。  観光バスが入らない旧道に続く町並みには、漁村にしても農村にしても、黒の瓦屋根と板張りの壁の家々が並んでいる。決まり事はなくとも、能登半島全体が そのように統一されている。

そうした昔ながらの風情の中を走っていくのは、まさに夢見心地だ。「次に訪れる集落は、どんな風景なのだろう」と心躍らせながらペダルを踏む。これが能登 の魅力だと思う。  能登のサイクリングは、ガイドブックに乗っている、決まった観光ポイントを目指すのではない。生活に根ざしたさりげない風景を、自転車に乗る人の感性で 発見する旅になるだろう。

Total Distance/距離: 287.7 km. (from Kanazawa to Wakura Hot Springs)
Best in/適季: April to October / 4~10月

ここに紹介するコースについては『丹羽隆志の日本ベストサイクリングコース10 vol.1』で、詳細な地図とともに紹介しています。
問い合わせ:東京地図出版 Tel: (048) 485-2371