>  屋外日本雑誌  >  Issue 1 : 10月 2005  > コラム  >  Board Shorts  >  岩手山でのロンボード・カーヴィング

コラム

Board Shorts

By Adam Clark

岩手山でのロンボード・カーヴィング

2005
Issue 1

岩手山でのロンボード・カーヴィング

東北北部・岩手山。わたしたちは爽快な3.6kmにおよぶロングボード・スケーティングのために夜明け前に出発していた。そして網張スキー場をぬけ、山頂 を目指していた。冬の岩手山は多くのスキーヤー、スノーボーダーで混雑するが夏にはしずかな、時間が過ぎる。山麓を見下ろしながら、森の中をぬける。ボー ドは次第にスピードを上げ、ホイールがきしみはじめる。朝の冷気のなかでターンを繰り返していると、リラックスと、集中力が高まるのがわかる。この感覚が ロングボードなのだ。ロングボード・スケーティングはいつ、どこでもイケルが、北日本の夏の朝は、とくにすばらしい滑走がまっている。

岩手山麓国民休暇村

アルベンスキーを楽しんだあとに入る温泉と、ビュッフェスタイルの食事がたまらない十和田八幡平国立公園内にあるリゾート施設。網張スキー場に隣接してい て、その他たくさんのスキー場が冬季オープンする。夏はハイキングやサイクリング等のアクテビティが楽しめ、日帰りや宿泊での利用も可。新幹線盛岡駅から バスで35分と、アクセスもよし。

Editors Note :
ロングボード・スケートは、いま要注目のボードスポーツ。サーフィンやアウトドア、スケートボードのショップ、インターネッ トなどで扱われているのでチェックしてほしい。