>  屋外日本雑誌  >  Issue 61 (Autumn 2016) : 10月 2016/1月  2017  > コラム  >  Cycling Japan  >  奥只見(福島県~新潟県): 紅葉のベストルートはここだ

コラム

Cycling Japan

By Takashi Niwa

奥只見(福島県~新潟県): 紅葉のベストルートはここだ

2016
Issue 61 (Autumn 2016)

紅葉が美しいルートは数多くあるが、ぼくがもっとも美の県境の、御池という地域。尾瀬の北側と思えば、おお よその位置は見当がつくだろうか? 一帯に広がるブナを中心とする原生林の美しさは、本当 に驚くほど。枝道である沼山峠への往復も、ぜひ走って おきたい。

ここ本州のもっとも分厚いエリアといってよい。それだ けに山が深く、また人家も極端に少ない。桧枝岐村から大湯温泉の100kmは、豪雪のため1年を通して人が住む ことがない。こんな地域はほかには知らない。無積雪期 は出作り小屋(農業や山菜取りのベース)や、観光のた めの施設がいくらかはある程度だ。

それだけに、ペダルを踏むだけではなく、自転車のメカ トラブルへの対応や、補給食の準備など、サイクリング にまつわる総合力が問われるルートでもある。紅葉の見 ごろは10月の中旬。東京からなら輪行での移動を含め、 温泉に泊まりながらの2泊3日がおすすめだ。