>  屋外日本雑誌  >  Issue 58 (Winter 2016) : 1月 2016  > コラム  >  Cycling Japan  >  淡路島一周(兵庫県)

コラム

Cycling Japan

By 丹羽隆志

淡路島一周(兵庫県)

2016
Issue 58 (Winter 2016)

淡路島一周は通称“アワイチ”。琵琶湖一周の “ビワイチ”とともに、距離は約150~160kmで、関西のサイクリストには定番コースだ。  アクセスも容易で、マイカーであれば明石海峡大橋を渡って淡路島に上陸し、橋の真下にある道の駅あわじをベースにするとよい。自走の場合には淡路ジェノバラインが明石~岩屋間を結んでいる。(所要時間:約13分、運賃:大人500円 自転車 220円 http://www.jenova-line.co.jp/)  

道の駅あわじから時計回りに走る。洲本からは国道28号を離れ、県道76号(南淡路水仙ライン)を行く。和歌山にもっとも近い由良をあとにすると、道は峠越えのように上る。ここから島の西海岸に出るまでは山岳ステージとなる。のんびり派は途中の福良から、渦潮見学の船に乗ると、淡路島の思い出はいっそう深まることまちがいない。  西海岸の100 km地点あたりから、道はほぼフラットの淡路サンセットラインを北上する。交通量の少ない海沿いをひた走ると、やがて左手前方に明石の街並みが、播磨灘越しに見えてくるとゴールは近い。

Read the Full Digital Edition of Traveler magazine (Issue #58 / Winter 2016) anytime, anywhere on your computer or mobile device