>  屋外日本雑誌  >  Issue 56 (Summer 2015) : 7月/9月 2015  > コラム  >  Cycling Japan  >  最果ての島巡りと日本最北端

コラム

Cycling Japan

By Takashi Niwa

最果ての島巡りと日本最北端

2015
Issue 56 (Summer 2015)

北海道北部の海上にそびえる利尻山(りしりやま)(利尻島)や、野生のお花畑といわれる礼文島(れぶんとう)を、フェリーで結んでサイクリングし、日本最北端の宗谷岬をめざそう。

 日本最北の稚内空港から市内に移動。朝いちばんのフェリーで利尻島に渡り、港の近くの民宿に荷物を置いて、自転車で島一周約53kmにチャレンジしよう。荒々しいオホーツクの海、放牧場など、変化に富んだ風景が待っている。

 利尻島からフェリーで“ワイルドフラワーの楽園”礼文島へ。花のピークは7月だ。一周できる道はなく、南側の町・香深から北端の船泊までは往復30km。香深(かふか)から山越えをして西に向かい、元地漁港までの往復10kmもすばらしい。

稚内にフェリーで戻り、海沿いの国道238号を30 km走ると日本最北端の宗谷岬(そうやみさき)である。途中、国道238号をそれて、広々とした牧草地や、丘陵地を走るのもおすすめ。天気がよければサハリンも望め、“最果て”を実感できる。

Read the Full Digital Edition of Traveler magazine (Issue #56 / Summer 2015) anytime, anywhere on your computer or mobile device.