コラム

The Local Brew

By ブライアン・ハレル

日本海倶楽部

2014
Issue 51 (Spring 2014)
日本海倶楽部
石川県能登
 
日本の海岸線髄一の美しさを誇る石川県の能登半島は、自然をテーマにしたぜいたくなビールの醸造にもってこいの場所だ。ここでは、知る人ぞ知るすばらしいチェコスタイルのビール醸造がさかんだ。今回ご紹介する日本海倶楽部のブルーマスターはジリ・コチネック、ここで2005年の夏からビールづくりを始めた3人目となるチェコ出身の醸造者だ。
 
 創業は1998年、日本海倶楽部では4種類のビールが楽しめる。とくにおすすめなのはチェコスタイルのピルスナーとダークラガー。どちらもバランスと芳醇な風味、そしてすっきりしたドライな後味が特徴だが、ダークラガーはやや甘めにローストした後味が残る。3つ目は伝統的な上面発酵(じょうめんはっこう)酵母(こうぼ)をつかったドイツスタイルのヴァイツェンで、フルーティーで力強い風味にすっきりした後味が特徴だ。4つ目は奥能登伝説というアンバーラガーの地ビール。九十九(つくも)湾の海洋深層水をつかったこのビールはミネラル豊富で身体にやさしいと人気だ。
 
 これらのビールはネットで購入も可能ではあるが、この美しい能登半島へ旅行の予定があるならば、ぜひ店舗で新鮮なビールを楽しんでいただきたい。レストランではアイスヴァイン(塩漬け豚の煮込み)や、地鶏の丸焼き、そして自分たちの農園で取れた野菜を使ったメニューなど、さまざまな料理も楽しめる。定休日は水曜。
 
日本海倶楽部
〒927-0605 石川県鳳珠郡能登町字立壁92番地
TEL:0768-72-8181
www.nihonkai-club.com 
 
Read the digital for free anytime anywhere: http://issuu.com/outdoorjapan/docs/traveler-issue-51-spring-2014