>  屋外日本雑誌  >  Issue 41 (Autumn 2011) : 10月/12月 2011  > コラム  >  The Naked Stranger  >  エピソード8:故郷を思い出すよう

コラム

The Naked Stranger

By The Naked Stranger

エピソード8:故郷を思い出すよう

2011
Issue 41 (Autumn 2011)

エピソード8:故郷を思い出すよう

日本人はまねがうまい。世界中のあちこちからその一片を日本に持ち込んでくるのがうまいのだ。長崎県のハウステンボスに行けば、オランダを体験できる。木立に沿って流れる運河と本場から輸入したレンガで作られた水車。ハッシュブランニーがないだけで、あとは本物そっくりだ。

 横浜の中華街も素晴らしい。華やかなゲートと肉まんや麺の香り。中国人はホームシックにかかることなどないだろう。

新潟県の五頭山のふもとには、ロシアのテーマパークがある。ロシアの昔話を模した場所には、クレムリンのようなドーム屋根が並び、ソーセージやボルシチが楽しめた。但し、ソビエト連邦と同じく、今では廃れてしまっている。

最近、見つけたのは長野県にある北米の一片。北米の典型的な夏のキャンプ地であるWenatchee湖のようだ。まるで本物のような雰囲気にアイスホッケーのマスクを着けた輩がナイフを振り回して出てきそうな気さえする。その名もガイジン村は、妙高高原の野尻湖のそばにある。

観光客向けのテーマパークとは違って、ガイジン村は、100年ほど前に北米からやってきた宣教師たちが夏の避暑地としてまたは喧騒から逃れるために開いた場所だ。国立公園のそばに山小屋を建てて以来、バブル期の醜い開発からも逃れて存在している。ここには白鳥ボートもテディベア博物館もない。 

ガイジン村は、自然を残し、控えめな佇まいを保持するという意向のもとで、外国人が多く含まれる野尻湖協会が管理している。貸しキャビンもある。マシュマ ロを焼いたり、ビートルズにあわせて下手なギターを弾くのもいいだろう。ちょうどアメリカやカナダの夏のキャンプ場のように。

日本人は野尻湖であまり泳がないようだが、夏になると、次々に透明な青い水に飛び込んでいる外国人の子供たちがたくさんいる。

湖のキャビンが懐かしいなら、野尻湖がお薦め。滞在中は、素晴らしい温泉に行くのも忘れないように。

Landmark Myoko Kogen
新潟県妙高高原池の平温泉
   
Rating: ★★★ (3 of 5 stars or onsen symbols)

Hours: Open 24 Hours (Dec.-April), 9 a.m. to midnight at other times of the year.
Cost: ¥1,000 (3-hour pack), ¥1,500 unlimited time.
Tel: (0255) 86-5130
Web: www.onsencafe.com

The Upside: 温泉以外では、ビリヤード、卓球、カラオケなど、アクティビティがたくさん。12月から4月は24時間営業。スキーシーズンの快適&廉価な宿泊としてお薦め。

The Downside: お風呂は素晴らしいが、特に珍しい特徴はなし。露天風呂は、お湯に黒い泥が混じっている。お肌にいいらしいが、あまり気持ちいいものではない。

The Bare Facts:

    •妙高高原は、歴史のある土地。世紀に上杉謙信が武田信玄と戦っていた時代に上杉謙信の砦となった。砦は、鮫ヶ尾城と呼ばれ、謙信の養子景虎が引き継いだ。

    •景虎は、美形で知られており、現在春行われる妙高高原のお祭りには日本中から女性が集まるそうだ。ハンサムな顔で年後にファンを集めているが、彼自身は、武田信玄に破れ、鮫ヶ尾城で自害した。

    •妙高高原には、つの温泉地がある。赤倉温泉、新赤倉温泉、池の平温泉、妙高温泉、杉野沢温泉、燕温泉、関温泉。この地域の温泉は、ぞれぞれに異なり、つの源泉、つの泉質、つの色があると言われている。

    •妙高高原の水には種類のイオンが含まれている。カルシウム、ナトリウム、アンモニウム。露天風呂の黒い泥は、皮膚病に効能があるとされている。

    •妙高高原では1911年ごろからスキーが始まった。赤倉は、日本の最初の国際スキーリゾートとして1930年代にオープンした。

    •妙高山は、標高2,454 mで、6月から10月までがハイキングシーズン。苗名滝、不動滝、惚滝は、日本の滝百選に入っている。

Accommodation: 冬季は、追加料金¥1,500で畳の部屋に泊まれる。温泉と宿泊で一人¥3,000だ。パウダーを楽しみつつこの値段なら納得だ。

Food: 海鮮丼 ¥1,200。温泉には地ビール妙高高原ラガーがある。飲み放題は90分で¥1,500。ピルスナー、ワイゼン、ダークラガーがお薦め。

Nearby Attractions: 杉の原スキー場、赤倉温泉スキー場、池の平温泉スキー場、赤倉ゴルフ場、妙高山トレイル、苗名滝、不動滝、惚滝。

Access: 東京駅から長野新幹線で長野市へ。長野駅でJR信越線に乗り換えて、40分で妙高高原駅。車なら、上信越道で妙高高原I.C.へ。