>  屋外日本雑誌  >  Issue 32 : 1月/2月 2010  > コラム  >  Eco Corner  >  Eco Corner

コラム

Eco Corner

By Jacob Reiner

Eco Corner

2010
Issue 32

エコ食
More Home Delivery 
www.daichi.or.jp

日本では有機食品の宅配がますます充実してきている。大地を守る会では、無添加の野菜や果物、肉、魚、乳製品をネットで販売している。責任をもって生産された健康的な食品は、何より品質が素晴らしい。サイトは日本語のみ。漢字を勉強する気のない人は、Google翻訳を利用すべし。




エコファーム
トージバ大豆レボルーション
www.toziba.net

日本の大豆は21世紀に向けて再生可能な資源だ。食品として、燃料として、そしてプラスチックとしても使うことができる。トージバの大豆レボルーションは、日本中に23の提携畑を持ち、誰でも種大豆オーナーとして参加することができる。1口5,000円からオーナーになることができ、畑を訪ねて農作業を手伝えば、シーズンの終わりには収穫の配分がもらえるという仕組みだ。都会とは違うグリーンな経済活動に参加してみてはいかがだろう。

エコグルーヴ
Parties 4 Peace
www.parties4peace.com

Parties 4 Peaceは、人気DJ達を集めて地球環境問題に取り組んでいるグループ。パタゴニアの自然保護、エルサルバドルの地域活動、カンボジアの教育充実等を支援するために寄付をしている。東京や週末のスキー場でのイベントでは、エコなグルーヴにのって賛同してくれる仲間をつないぐことで、グリーンな活動を展開している。


エコトレーニング
グリーンビジネスセミナー
www.equalc.com

爆発的な人口増加、気候変動、地球規模の食料不足、ピークオイル、企業欲等、問題は山ほどあるが、果たして解決策の方がどうなのだろうか? eQualC Sustainability Communicationsは、公共および民営企業のリーダーを対象に毎月グリーンビジネスセミナーを開催し、企業、キャリア、ライフスタイルをグリーン化するツールとリソースを提供している。



 “http://slowjapan.org”
グリーンスペース 良心のブログ
外苑前にあるブラジル系ラウンジを使ったパタゴニアのイベントでYouki Mikamiの短編映画Ways of Experiencing Wood が発表された。Friends of the Earthの協力でロシアの森林破壊と廃れているがサステイナブルな日本の林業を取り上げた映画だ。このチームが運営するFairwood Partnersは、トレーサブルでサステイナブルな木材を推奨する活動をしている。映画はYouTubeでも見られる。検索は“ways of experiencing wood.”で。

食事の後はDJによる選曲で夜明けまで楽しめるイベント。

スポンサーはPeace BoatやPatagonia。収益はチリの自然保護に使われる。次のイベントは12月11日、Favelaで開催予定。ドリンクとフードで¥3,000。

Web Links:
www.fairwood.jp
www.favela.jp.
www.peaceboat.org