>  屋外日本雑誌  >  34 号 : 5月/6月 2010  > コラム  >  Trail Recipes  >  簡単スープ・その3 : オニオンスープ

コラム

Trail Recipes

By Akira Suzuki

簡単スープ・その3 : オニオンスープ

2010
34 号

■材料
タマネギ
ニンニク
コンソメ
オリーブオイル

コショウ


自宅近くに遊びのフィールドがある幸福な人は非常に少ない。たいていは車や電車という交通機関を使い出掛けていることだろう。僕もそのひとり。運転で同じ姿勢が長く続くと血行が悪くなって、体のあちこちが文句を言い始める。目が疲れると肩こりがひどくなり、長時間の運転はこの肩こりとの戦いになる。この話を友人としていたら「俺も同じ」という人が結構多かった。自分も含め、このつらさを少しでも軽くできないかと考えた結果のレシピが今回紹介するオニオンスープだ。

オニオンスープは最もシンプルなスープのひとつだが、薬効も非常に高い。タマネギ、ニンニクというネギの仲間は血行を助ける食物の典型で、肩こりのひどい人も1日1個タマネギを食べていれば、肩こりがなくなるとまで言われている。

血行を助けているのは硫化アリルという成分で、タマネギやニンニク特有の刺激臭や辛さは、この硫化アリルによるものだ。血をサラサラにして血行を良くするほか、殺菌作用、神経の鎮静化、血液中の脂質低下などの効果もあるとされている。ビタミンB1と一緒に摂取することで効果増加という研究結果が出ているとか。常温保存が可能なためアウトドア向きの食材でもある。

タマネギとニンニクを炒め、コンソメ、塩、コショウで味付けしたベースを自宅で作っておけば、フィールドに出掛ける前、その途中、到着してから、水を足して煮立てるだけでオニオンスープを飲むことができる。またこのベースはパスタソースを作る際の具材としても重宝するほか、様々な料理に使うことができる。作ったものを小分けにして冷凍しておくと便利だ。

作り方1
スライスしたニンニクをオリーブオイルで炒める。弱火でじっくり香りを出すのがポイント。強火で焦がすと苦みが出てしまうので注意

 



作り方2
串切りにしたタマネギを加えて炒め、クッカーにフタをして蒸し焼き状態にする。水を足して煮込み、コンソメ、塩、コショウで味付けて出来上がり