>  屋外日本雑誌  >  Issue 37 : 11月/12月 2010  > コラム  >  The Local Brew  >  横浜ビール

コラム

The Local Brew

By Bryan Harrell

横浜ビール

2010
Issue 37


1995年6月創業の横浜ビールは、国内初のクラフト・ブルワリーの1つに数えられる。最初の10年間に多くの改良を重ね、その品質を少しずつ高めてきた。最近では、その不変性やアイデンティティーにも磨きをかけ、製品の幅を広げてきている。

現在のラインアップには、スタイルと銘柄が判りやすく、尚且つ目を引くデザインのラベルを起用。おそらく最も一般的に飲まれるのはピルスナーで、3デコクション製法によりチェコ産ザーツホップの上品な苦味とアロマが楽しめる濃い黄金色のラガービールだ。

よりハードコアなビール党には、IPA(インディア・ペール・ エール)をお勧めしたい。イギリスのスタイルを色濃く継承し、コクのあるモルトの味わいとホップの強い苦味とのバランスが絶妙だ。ベルギーの製法を真似たオレンジピールとスパイスが特徴のライトボディーのエール、横浜ホワイトもまた素晴らしい。

その他のラインアップとしては、ドイツスタイルのビール、ヴァイツェンとアルトも手がけ、どのビールも絶妙なバランスでろ過されている。また、季節限定ビールも展開している。

横浜ビールの試飲に最適な場所、それはその本社ビル内に併設されている2軒の直営店舗だ。まずは1階にあるパブ「Pivovar Yokohama」。こちらは平日17時から23時、週末及び祝日は13時から23時まで営業している。

そして2階にある和製イタリア風料理で有名な「うまやの食卓」というレストランでも横浜ビールが楽しめる。この2軒の他にも、馬車道エリアや東京ビッグサイト近くの有明エリアにもレストランやバーを展開中。詳細は横浜ビールのウェブサイトにアクセスしてみよう。

Yokohama Beer / 横浜ビール
6-68-1 Sumiyoshi-cho, Naka-ku, Yokohama
横浜市中区住吉町6-68-1
Phone: (045) 640-0271
Web:  www.yokohamabeer.com