>  屋外日本雑誌  >  35 号 : 7月/8月 2010  > コラム  >  Trail Recipes  >  コンビニ食材で作るおつまみ・その1

コラム

Trail Recipes

By Akira Suzuki

コンビニ食材で作るおつまみ・その1

2010
35 号

 コンビニ食材で作るおつまみ・その1

 
■材料
焼き豚
キムチ
キュウリの浅漬け
ゴマ油
 
■本文
 キャンプやトレッキングに出掛ける時に、前日ゆっくり仕度ができるという人はほとんどないと思う。仕事から帰ってきて慌ただしく仕度をして、早朝早く(もしくは夜中のうちに)出掛けるというパターンが多いのではないだろうか。しかも出掛ける前日に限って、仕事が遅くまでかかってしまったりするものだ。
 スーパーが開いている時間に食材を揃えて、前もって食料の準備ができる人は非常にラッキーといえる。そんな時に便利なのがコンビニことコンビニエンスストアだ。
 
 昔はコンビニで売っている食料はパンやカップ麺やお菓子の類しかなかったのだが、最近は様々な食材を扱っているし、地方の田舎町にもコンビニはあるのでありがたい。実はコンビニで売っている食材にも地方色が出ていて、その地方にしかないような食材が売っているのでチェックしておくといい。
 

 コンビニで売っているお惣菜をそのまま食べるのも構わないけれど、それではちょっと味気ない。せっかくのキャンプなら、もう一手間加えることで気分は格段にアップする。

 
 今回紹介しているのは焼き豚(チャーシュー)をキムチや漬け物と和えたもので、ビールにもワインにも合う一品だ。
 
 コンビニで売っている肉類はハム、ソーセージという加工品がほとんどで、焼き豚も豚肉をハムのように加工し、醤油と砂糖で煮込んだものだから精肉に比べたらはるかに保存がきく。
 
 ご存知、韓国の漬け物であるキムチはそのまま食べてもおいしいし、様々な料理に使うことができることもあり、重宝する食材のひとつだ。漬け物というと日本人は「そのまま食べるもの」という意識が高いが、キュウリの漬け物もつまりはジャバニーズピクルスのひとつなワケで、刻んで和えたり炒めたりしてもまったく構わない。
 

 ゴマ油は香ばしさが抜群の油で、調理の最後にひと振りするだけで味をまとめてくれる魔法の油だ。僕は味噌汁を作る時にも最後にゴマ油を一滴加えているほどの愛好家である。

 
 
作り方1
焼き豚をスライスし、細長く切る。タレが別に付いている場合は、最後に混ぜ合わせる時まで別にしておく
 
作り方2
キムチ、キュウリの浅漬けをみじん切りにする。細長く切った焼き豚にタレをからめ、キムチ、キュウリと和えて出来上がり