>  屋外日本雑誌  >  35 号 : 7月/8月 2010  > コラム  >  The Local Brew  >  伊勢角屋ビール

コラム

The Local Brew

By Bryan Harrell

伊勢角屋ビール

2010
35 号

1997年に創業した伊勢角屋は主にイギリス・スタイルのエールを作った。最初の10年はこのビールが大変注目を集めたが、ここ数年はもっとモルトに富み、ホップの効いた個性あるビールの製造も手がけている。
 
今年の2月の「東京リアル・エール・フェスティバル」にエントリーしたブラウン・エールとインペリアル・インディア・ペール・エールは大変高く評価された。過去の伝統を破ったブラウン・エールはアルコール度5%、ローストされたモルトと、沸騰させるときにたっぷりと使ったホップのレイヤーがスパイシーと言っていいほど強いフレーバーのアメリカンスタイルである。
 
もっと惹かれるのが、普通のIPAより強いインペリアル・インディア・ペール・エールだ。人気のある10のタイプのホップを使用するインペリアルは近年のクラフト・ブルーと同様にホップの「ヒット・パレード」である。その結果、アルコール度9.5、モルトの甘みとホップの苦味の完璧なバランス、そしてクリーミーと表現するのが合うほどスムースな風合いという、大変個性あるフレーバー・ビールが完成した。
 
残念ながらインペリアルIPAは期間限定で、皆さんがこの記事を読むごろには手に入らない商品だが、将来また帰ってくるかもしれない。しかしながらブラウン・エールなら一年を通して飲むことができる。また伊勢角屋は定期的に特徴のある期間限定ビールを提供するので、彼らのウェブサイトをよくチェックして直接注文するといい。
 
しかし本格的にこのすばらしいビールを味わうには、直営店の「麦酒蔵」へ出かけ、数々ある伊勢角屋ビールのラインアップを楽しむことをお勧めする。名古屋の南に位置する伊勢市にあるレストランは、ランチ・タイムからディナー・タイムまで水曜日を除き毎日営業している。出かけるときはレストランに電話で予約し、営業時間を確認することをおすすめする。Tel: (0596) 23-2880
 
Isekadoya Beer
伊勢角屋ビール
6-428 Jinkyu, Ise City, Mie 
伊勢角屋麦酒三重県伊勢神久6-428
Tel: (0596) 21-3108
Web:www.biyagura.jp (Japanese),
www.isekadoya.com (English)