>  屋外日本雑誌  >  Issue 28 : 5月/6月 2009  > コラム  >  Guest House Teatime

コラム

Guest House Teatime

2009
Issue 28

風にゆれる木々の音で目覚め、伸びをする。窓から降りそそぐ光に目を細める。ひんやりとした朝の空気が気持ちいい。逆さ富士山が映る湖畔を散歩する、ときおり魚がえさを食べに湖面に上がってきて、水の輪を作る。10分も歩くと足はこなれきて、君は朝食前に森を軽いジョギングをすることにする。

もし君が金曜日の夜なのに、まだオフィスで働いていたらこんな話空想以外ない。でも会社をでてからでも、東京駅にむかい、バスに乗ってしまえばそれは空想なんかじゃなくて、土曜の朝の現実になるんだ。

ゲストハウスティータイムは、富士五湖のもっとも東に位置する山中湖にある。深い森に囲まれ、そして雄大な富士山も望める、家族経営のゲストハウスなら、ゆっくり休みたいという人や、いろいろなアクティビティーをしたい人に最適の場所。ロッジから湖には5分、ハイキングトレイルには10分という好立地。

ゲストは自分で散策したり、またオウナーの浅川丈夫さんがガイドでツアーに参加することもできる。浅川さんは、ゲストを山中湖周辺、富士山や近くの富士吉田の樹齢1000年の木など案内してくれる。彼は伊豆半島でそだったが、ティータイムを始めるまでは長い間北海道でスキーパトロールをしていたそうだ。

訪れるなら、涼しくて晴天が多く、クライミングシーズンの始まったばかりでトレイルがそれほど混まない7月初旬を浅川さんはすすめる。「夜ロッジで腰掛けていると、ポプラの木を風がとおりぬけとてもリラックスできる。」と彼は言う。素敵な庭でするバーベーキューもうれしい。

少し飲んだ後、庭にあるクライミングウォールでバランス感覚をテストするのがもっぱらの余興になっている。ゲストはいつでもクライミングウォールで遊んだり、500円で自転車も借りることができる。そして、結局仕事が終わらなかったなら、PCや無線LANも利用可能なので安心して。

アクセス:(車)山中湖に到着したら、左折し湖畔沿いに、「34」の看板まで3.5キロ進み、左折しロッジは300メートルほど先にある。(バス)東京駅八重洲口からホテルマウント富士前で下車(1700円)するのが多分一番簡単に行ける方法。JR御殿場線御殿場駅からもバスでホテルマウント富士前まで40分でいける。電話をすればバス停まで送迎サービスあり。

Guest House Teatime ゲストハウスティータイム
Tel: (0555) 62-1858
Skype: gh-teatime
Web: http://gh-teatime.com