>  屋外日本雑誌  >  Issue 28 : 5月/6月 2009  > コラム  >  I Love Canoe

コラム

I Love Canoe

2009
Issue 28

水上といえばホワイトウォーターと温泉。このレジャーの街では、春から秋にかけて、ヘルメットをつけたラフター達が利根川を下っている姿を見ることができる。水上地域の川には十分な水量があるのだ。そしてここでガイドツアーを主催しているのがNao Cheeだ。

Naoはいつも水に関わって暮らしてきた。YMCAの体育とスイミングのインストラクターとして、幼児から年配の方、そしてハンディキャップのある方と一緒にプールで過ごしてきた。Naoが子供 にアウトドアを教えることが好きになったのは、YMCAの子供向けサマー&ウィンターキャンプの経験だった。

2000年、Naoはウォータースポーツを学ぶために水上のアンクルベアラフティングに加わった。ここで多くの人に出会い、結婚する一方、カヌーとカヤックのインストラクターとなった。


2008年、アウトドア指導者のNaoは、ウォータースポーツと子供への情熱を重ねて自身の会社を立ち上げた。その名もI Love Canoe。彼女と仲間の仕事は、水上周辺の湖の魅力とカヌーとカヤックの楽しさをゲストと共有することだ。ゲストは湖上をパドリングしながら、湖畔のサルやカモシカを眺める。サイトを見れば彼らの活動と情熱がわかるだろう。

1日、半日、または子供向けのメニューもある。ボートは1人用、2人用、3人用がある。宿泊の手配も行う。

I LOVE CANOE
アイラブカヌー

Tel/Fax: (0278) 72-1337
Mobile: 090-4912-6030
Web: www.ilovecanoe.jp