>  屋外日本雑誌  >  Issue 28 : 5月/6月 2009  > コラム  >  The Local Brew  >  Moku Moku Beer

コラム

The Local Brew

By Bryan Harrell

Moku Moku Beer

2009
Issue 28

ビールの起源は農業の到来にあり、組織的に従事していた人は食べ物をテーブルに置いてみんなで食事をしていた。だからビールの誕生を祝う前に、まず農業の出現に感謝の意を示さなくてはいけない。

この伝統をもっとも楽しめる場所の一つに「伊賀の里モクモク手作りファーム」がある。さまざまな顔をもつこの農業公園は大阪と名古屋の中間にあり、京都と奈良から等距離の場所、伊賀市の山中にある。

モクモクファームでは、ありとあらゆる食べ物の製造過程を学ぶことができるので、子供をつれていくには最高の場所だ。

農業学習の種類は充実しており、ハム、ソーセージ、アジアンスタイルのバーべキューポーク、米、野菜、豆腐、全粒パン、クッキー、おやつ、ミルク、そしてもうお分かりだろうがビールもある。だたのビールではなく、色々な種類のクラフトビールを手がけている。すべてがファームで産まれる食品で、ビールもまさにその仲間だ。

4月から12月の期間は毎日無料でビール工房ツアーが行われているが、ツアーの回数と参加者数に限りがあるので事前予約が必要だ。さまざまな種類のビールはチェコ共和国から輸入された醸造用具で製造されていて、なるほど、まさに本格的なのだ。

人気のビールは、ピルスナー、ウェイゼン、ペールエール、アンバーエール。そして季節限定のリッチはバーレイ・ワインやスモーク・エールなどの面白い企画商品がある。

名古屋にある2つのレストラン「モクモク農場」と「モクモク風の葡萄」でも、モクモクビールを楽しむことができる。どちらのレストランもモクモクファームの食材を使った料理をメインにサーブしている。

他にもいくつかモクモクレストランが松坂、鈴鹿、津などに展開されている。モクモクのウェブサイトはレストラン、農場、クラフトビールの情報がたくさんの写真とともにアップされているので、是非チェックしてみてはどうだろう。


Moku Moku Farm
3609 Nishi Yubune, Iga City, Mie
三重県伊賀市西湯舟3609
Tel: (0595) 43-0909 (in Japanese)
Web: www.moku-moku.com