>  屋外日本雑誌  >  33 号 : 3月/4月 2010  > コラム  >  The X Factor  >  The X Factor

コラム

The X Factor

By Racer X

The X Factor

2010
33 号

THE X FACTOR

春もすぐそこ。でも今年のこの積雪ならもっと滑れそうだ。ハイチには、"仕事がそんなに楽しけりゃ、どうしてリッチなヤツらが仕事を独り占めしないんだ?"ということわざがあるらしい。 Racer Xも1日休みをとって山の空気を楽しみに行ってきた。これで仕事の能率も上がるはずだ。
Manastash Mammoth Jacket
It is global warming the correct way

"きれいな水、空気、食べ物、住まいが健全な地球をつくる”がこの企業の信念だ。ヘンプ繊維を使って開発された高品質でファッショナブルなアウトドア用衣類のラインアップが、Manastashである。2010 Mammoth Jacketは、冬用の軽量防水パーカーで、丈夫なヘンプからできた自社登録商標であるPertex生地を使っている。さらに新しい繊維にリサイクル繊維50%を組み合わせたエコなライナーが付いているので、保温機能もしっかり。Oshman’s Beavers等のお店で。

WEBLINK
twojupiters.com

Bern Helmets
軽量で目立たないけど、ちゃんと頭を守ってくれる

どれだけ練習を重ねていても、どんなに上級者であっても、脳傷害でICUに入れられるよりも、ヘルメットをつける方がいいに決まっている。サイクリング、スノボー、スキー、スケボーに最適のかっこよくて安全で機能が充実したヘルメットが、Bernヘルメットだ。2010年モデルで私のお気に入りは、メンズの“Brentwood”とレディースの“Berkeley”。サイズは小さめ。オプションのジップモールドは、頭にヘルメットをしっかりフィットさせ、ゴーグルとヘルメットの間の妙なギャップが埋まるようにデザインされている。キッズモデルもあり。スナップで取り付け可能な防寒ライナーもある。ムラサキスポーツで取扱い

WEBLINK
bernhelmets.com

North Face Rucky Chucky Shoes
最後までやり抜くために

ゴビ砂漠でもアルプスでも通用するRucky Chuckyは、全く新しいデザインと快適さが耐久系アスリートに支持されている。寒冷地向けのGore-Texオプションもうれしい。私が気に入っているのは、通気性のあるメッシュと人間工学にもとづいたフットベッド。このフットベッドは、トレイルの下りや砂利道でぐらつく足首をしっかりと支えてくれる構造で、土踏まずの部分はとがった石から足を守るために硬い素材になっている。“テナシャスグリップ”と呼ばれるソールは、ウェットとドライ両方のコンディションで活躍できるソール。大きいサイズ展開と幅のせまい女性用モデルが日本に新しく登場した。私が選んだ一足はカスタムオーダーしたジャマイカカラーで、街でのスケボーやバイクに使っている。購入はオンラインまたは店頭で。

WEBLINK
goldwin.co.jp/tnf/

Niseko Atlas
究極のニセコガイド

ニセコのデザイン会社からThe Niseko Atlasが発売される。様々な情報、地形図、自治体で取材した内容等がつまったポケットサイズの本で、日本語と英語の2ヶ国語なのがうれしい。作成者は、ニセコ在住でスノーボーダーのRyan Mentzos。北海道のパウダーに関わるいろいろなグループや個人が、この地域に関する理解を深め、自覚を持ち、安全を期すことができるようにと指針となる情報をまとめた。売り切れ前にゲットしなきゃ。紀伊国屋または丸善のオンラインショップで。

WEBLINK
nisekoatlas.com