>  屋外日本雑誌  >  Issue 2 : 11月 2005  > コラム  >  Hyakumeizan: Climbing Japan's 100 Famous Mountains  >  #87 Hijiri-dake (3,013 m.) & #88 Tekari-dake (2,591 m.)

コラム

Hyakumeizan: Climbing Japan's 100 Famous Mountains

By Ginger Vaughn

#87 Hijiri-dake (3,013 m.) & #88 Tekari-dake (2,591 m.)

2005
Issue 2

 「南アルプスの縦走か、これは長くつらい3日間になるな……」

 そうつぶやいた後、靴紐を結びなおし、テント、食料、水を・わせておよそ17kmのバックパックを背負いなおす。この3日間で35キロも歩かなければならない現実に、足取りが重くなる。

今日の睡眠は、車内での1時間だけ。そのせいで意識が朦朧とするなか、最初の7時間は、ほとんど眠りながらのハイキングをした。全く代わり映えのしない風景のなか、森の妖精たちの魔法にかかったように。

2,400mの合流点に到着するやいなや、倒れこむ。目の前に広がる青い空の下、重すぎるほどのバックパックをやっと下ろす。「私はラバじゃないのよ!」。そういいながら、しばらく体を横たえ、チーズサンドイッチと地図を手に握り締める。しばらくの現実逃避にひたるのだった。

外国人女性初の百名山完登を目指しているジンジャー・ヴォン。彼女がいう百名山とは作家・深田九弥が「日本百名山(昭和39年・新潮社刊)」で綴った百の名峰で・り、山の品格、歴史、個性の観点から選んだもの。山の高さで選んでいるわけではなく、平成の中高年登山ブームを巻き起こし、新百名山、ニ百名山など・らたな百名山も生まれている。

Hijiri-dake & Tekari-dake 聖岳・光岳

ハイキングのスケジュール

Day 1: 7時間30分 (聖平小屋宿泊)
Day 2: 10時間15分(茶臼岳小屋宿泊)
Day 3: 7時間30分(光岳小屋宿泊)
Day 4: 4時間20分 (易老渡のトレイルヘッドに戻る)

Things not to miss: 光岳小屋で、日の出をみながら飲むドリップコーヒー(¥400)は絶対飲む価値・り!
When to go: July, August, September, mid-October.
Location: 静岡、長野県・南アルプス
山頂: 3.011m
Difficulty Level; 技術はいらないが、とても長いハイキング。3日で終えることもできるが個人の体力による。少々お金を払っても、小屋に滞在しがほうがいい。

Note: 光岳小屋は、9月の2週目から閉鎖される。しかし、登山者のために通年セイフティーロッジとして開かれている。

How to get there: 東京からは東海道新幹線で豊橋まで行き、JR東急エキスプレスに乗り換え平岡へ。そこから、易老渡の登山口までタクシーで80分。最後の森林道は80kmほど・り、道路が荒れているためタクシーが乗車を拒否することが・る。

東京(2時間20分) → 豊橋(乗換え後1時間45分・計¥11.190)→ 平岡(1時間15分/¥3.500)  → 易老渡