>  屋外日本雑誌  >  Issue 4 : 2月 2006  > コラム  >  Eco Corner  >  Choices For Sustainable Lifestyles

コラム

Eco Corner

By Jake Reiner

Choices For Sustainable Lifestyles

2006
Issue 4

Organic Body Care
Organic and Natural Enterprise Group
― オーガニック・アンド・ナチュラル・エンタープライズ・グループ
www.onegrp.com


セテアリル、グルコサイド、ステアレーテ……。さて、いったい何だかわかるかな? これらの物質が歯磨き粉とか、シャンプーになぜ入っているのか疑問に思ったことがあるだろうか?  そして、こんな物質を毎日体の中に入れているなんて! そう思ったら「ザ・オーガニック・アンド・ナチュラル・エンタープライズ・グループ」へ。認定済みのオーガニック・スキンケア、パーソナルケア、メークとヘルスプロダクトを世界各国でネット販売しているウェブサイトだ。原材料は遺伝子組み換えされたものなどは一切使わずに栽培され、天然ベース、もちろん動物実験もやっていない。日本でもビジネス展開しようとしている。

このような製品を使うことは、地球環境にも、ぼくらの身体にとってもいいことなんだ。現在、この会社は日本でもビジネス展開しようとしている。彼らのイデオロギーに賛同できるなら、いまの会社を辞めて、こんな素晴らしい集団の一員になってもいいかもな。

Backcountry Power
Brunton Solar Gear ― ブラントン・ソーラーギア
www.brunton.com

近ごろの心配事といえば、山でもビーチでもiPodやパソコン、ケータイ、ビデオカメラの充電問題。ソーラー充電機器は星の数ほどあるが、わたしが注目しているのがブラントン社だ。とくに「SolarRolls」などは、防水性があり、折り曲げまたは折りたたみも可能。機器に直接接続できるのがうれしい。

Eco Fashion
EDUN
www.edun.ie

ユニクロのトレーナーやナイキシューズを買うとき、自分が世界のどこかで何らかの影響をあたえているなんて夢にも思わないだろう。しかし、利益優先で世界貿易が進むなか児童労働、深刻な環境破壊など、ぼくらの使うお金が世界中のいろいろな人々の生活に関与しているのだ。U2のボノがバックアップする「EDUN」は、エンドユーザーだけでなく、生産者のことも配慮したまったく新しいブランド。ファッション的にすぐれているだけでなく、質もよく、着ているだけで気分がよくなる。

Hybrid Hip
Toyota Harrier Hybrid ― トヨタ・ハリアーハイブリッド
http://toyota.jp/harrierhybrid

パワフル、かつ地球にやさしいトヨタの新ハイブリッド車「ハリアー・ハイブリッド」は、走行燃費17.8km/Lという徹底した低燃費。そのうえ、8秒間で一気に時速60kmに達する圧倒的な加速性能を備える。内装はセクシーでワイド。街なかはもちろん、週末のスノースポーツやビーチに行くのにもバッチリだ。しかし、納車は現在3ヶ月待ちと言われているので、リッチな君は、はやめに予約すること!

Eco Info Online
Tree Hugger ― ツリーハガー
www.treehugger.com
 リブ・タイラーも使っているオーガニックおしめ、ブラッド・ピットご用達ハイブリッドSUV車など環境保護に関係するニュース、商品、イベントなどを満載したすごいサイトが「treehugger.com」だ。現代文明を頑なにこばむことで知られるアーミッシュ民族がつくった麻の家具、使用後は地中分解されるNEC製ケイタイなどが注文できるし、オーガニック家庭用洗剤や牛皮を使わないフェアートレード・スニーカーもある。ニュースレターに登録して最新のエコ情報通にもなれてしまうのだ。