>  屋外日本雑誌  >  Issue 12 : 11月 2006  > コラム  >  #64 Asahi-dake

コラム

By Ginger Vaughn

#64 Asahi-dake

2006
Issue 12

サクライさんとの登山は今日で4日目。飯豊山へ向かっているときに車に乗せもらって以来、一緒に山を登っている。お互い、同じエリアの百名山を登りに来ていることがわかり、同行させてもらっているのだ。
2 日間の雨で、服はずぶ濡れだ。気持ちまで落ち込んでいたが、朝日岳山頂に向かって歩いていると、まもなく晴れてきた。天気がいいうちに百名山を登ってしまおうと、足取りが速くなる。急な上りが続くが、私たちは心地よい日差しを受けて、眺めを楽しみながら登り続けた。サクライさんは、60代後半の健脚なお父さん。言葉少なげだが、トレイルでのピッチは速い。私はそんなサクライさんの後について歩いた。
   

朝日神社に着いたところで、空腹に耐えきれずランチを食べ始めると、「もうお腹空いたの?」とサクライさんは驚いた様子だったが、結局彼も食べ始めた。 登頂は正午過ぎ。この4日間あまり見なかったサクライさんの笑顔も見ることができた。外人ヒッチハイカーを乗せてくれたお礼を伝えた。サクライさんは黙って頷きながら、登山道を下り始めた。

MOUNTAIN STATS
Mountain: 朝日岳
Difficulty Level: 2 out of 5
Location: 山形県
Peak: 1,870 meters
Duration: 2日間

Contact Information

朝日町役場(観光): (0237) 67-2111
大沼タクシー: (0237) 62-2248
大江町産業振興課(宿泊): (0237) 62-2139

Things not to miss:
登山口近くに温泉がある。百名山の蔵王山、および月山が近い。