コラム

Outdoor Yoga

By Patrick Oancia

The Yoga File

2006
Issue 13

Building confidence through yoga
ヨガで高める自己

ヨガといえば、多くの人がストレッチしたり、体をねじったり、曲げたりして痛みを伴う運動と考えている。よく知られていないのが、体を鍛えるヨガを続けることが、個人が持つ可能性を理解する入り口に過ぎないということだ。

ヨガ・ポーズは神経システムを刺激する。神経システムと体の状態が心身をコントロールするので、それが私達の心理面や身体面に影響してくるのだ。身体の外の情報を収集し、体の中の状況も考慮して、どう反応するか決定する。

脳と脊髄が中枢神経を形成する。脳は体重の約2%しかないものの、体のパワーハウス役。この柔らかく、ゼリー状の臓器には、億という神経が張り巡らされていて、つねに体の働きを管理している、そして高度な機能が僕らに意識と性格を与える。

情報を理解して、体中に指令を伝達する末梢神経がうまく働くのは、僕らがどのくらいエネルギーを取り込み、また消費するかにかかわっている。この動きが、体の内部の抑制と均衡に深く関与している。

しかしながら、意識と自己を高めることによって、どんな可能性が自分にあるかが分かってくる。目標を達成することによって、自信も高まる。ヨガをやる人は、冷静にひたすら練習し、正しい選択をするようになるものだと思う。必然的に自信の高まりは、人生において常に保たれるようになるだろう。

Life Hints 人生に幸運を呼ぶヒント
By Hikaru Brundtland

Hot, Pure Sayu!
アツーク、湯気を立てて……、そしてピュアに!

“現代人はみな、食べ過ぎている”と言われています。誰もが組織や細胞に“未消化物”を抱えているらしい。そういえば、忘年会、クリスマス、お正月のお餅などと美味しいごちそうでお腹いっぱいではありませんか? 

インドで5000年以上も昔に確立されて以来、今日に至るまで脈々と受け継がれて来た世界最古の体系的な健康法「アーユルヴェーダ(生命の科学)」では、この「未消化物=アーマ」が悪い組織に移行したり、病気を引き起こしたり、免疫機能を弱めたりすると言われています。そうならないために身体の中の“未消化物”を減らして、体外に出すには、なんと白湯を頻繁に飲むことが一番だとか。食事をしながら白湯を飲むと、胃への負担も軽くなります。さて、この白湯の作り方をご紹介しましょう。水を2分以上沸騰させて(これによって空気中からプラーナ=生命エネルギーを取り込む)、陶磁器にいれて飲むことで、 水

・火・空気・地という地球の四大元素が取り入れられた、最もシンプルかつ素晴らしい飲み物ができあがります。1日最低でもカップ4杯は飲みたいものです。ペットボトルの水も悪くはないですが、もう一工夫加えてみてはいかがですか? 

仕事中のイライラ、ストレスの緩和剤、急な体調不良のときの応急処置としてもおすすめです。

OUTDOOR YOGA
By Neil Hartmann

Side Stretch Pose
サイドストレッチのポーズ

サイドストレッチのポーズ。体の全側面を伸ばす事の出来るポーズ。効果足首、膝、ももの、調子を整える。腰のまわりと尻の脂肪を取り除く。

ポイント
1、両足均等に体重をのせる。
2、右膝を90度曲げ左膝をしっかり伸ばす。
3、右肘を右膝の上に置く。(軽く触れ る程度にする。).
4、左肘、手首、手の指を伸ばす。
5、背骨がまっすぐになるように意識する。
6、深く整った呼吸をしながら、30秒から1分保 つ。
7、逆側も同じように行う。

Having a good laugh
笑いのパワー
By Lisa Booth and Katherine Pham Do

最近、元気がどうもでないという方、もっと笑ってみてはどうだろう? “笑いは百薬の長”という諺があるように、笑いには力がある。インドのマダン・カタリア博士は長年の研究のすえ、ラフター(笑い)・ヨガを考案した。笑いヨガは、ヨガの呼吸を使い、ストレッチ、自由な動き、笑いの練習、メディテーションというカリキュラム。現代の私たちが切に願う、真に喜びをもって生きるという考えからはじまった。

ラフター・ヨガは、何もおかしくない時、つくり笑をする事……。でも、実際にやってみると気分がよくなり、身体に感じるものが大きい。道具、ジョーク、お笑い漫才など一切頼らずに、笑うこと。専門家は、笑いは身体内部のジョギングのような効果があり、脳から免役効果を高めるようなホルモンが実際に放たれるのを発見した。しかも、私たちの身体は、つくり笑いも、本当におかしくて笑っている時も、見分ける事ができないらしい。いずれも同様の作用が起こるというからびっっくりだ。

目を見ながら、作り笑いで笑いかけると、不思議に相手に伝染していき、自然の笑いがでてくる。だから、笑いヨガ・クラブは効果を発揮する。グループだと、恥ずかしさもうすれ、ストレスの発散でき、仲間意識もうまれ、本当に笑いを楽しめる。

1995年から、宗教、政治に一切関係なく、笑いを通じて健康と平和を世界に広めるラフター・ヨガ。現在では、40カ国、5000を越す団体がある。
ラフター・ヨガの講習では、トレーニングを受けた経験豊かなインストラクターがリードしてくれるので心配なし。経験は問わない。素直で熱心、大きな声で楽しく笑おうという気持ちさえあれば誰でも素晴らしい効果が期待できるのだ。

ラフター・ヨガ・クラブ東京の講習は毎月第一土曜日に代々木公園近くでおこなわれている。詳しくはラフター・ヨガのWebサイト(www.laughteryoga.org)、もしくはeメール(tokyolaughterclub@gmail.com)で問い合わせを。