>  屋外日本雑誌  >  Issue 14 : 1月/2月 2007  > コラム  >  Eco Corner  >  Choices for Sustainable Lifestyles

コラム

Eco Corner

By Jake Reiner

Choices for Sustainable Lifestyles

2007
Issue 14

Eco Skiing
Green Resorts 
グリーンリゾート

WEB LINKS
www.aspensnowmass.com/environment
www.fallscreek.com.au

雪の季節。新鮮な空気と日差し、自然の中にあるスキー場はエコな存在であってほしい。だが、スキー場はエコから程遠いのが現実だ。リフトの運転や施設の暖房にはかなりのエネルギーが使われているし、人口雪に使う化学物質や駐車場からの排出物が地元の河川を汚染している。そんな中、サスティナブルなスキー場もあらわれ始めている。

米国コロラド州の「アスペンリゾート」では、スキー場で消費されるエネルギーは100%風力発電からつくられている。熱効率のよい建物で、スノーCATにはバイオディーゼル燃料を使用している。環境団体を支援し、環境への負担軽減に協力する企業に与えられるISO 14001認証も受けている。

オーストラリアの「フォールズクリーク」では、リフト運転に再生可能なエネルギーを使う、ゴミ削減のためにビニール袋を使わないゾーンを設ける、または地球温暖化を防ぐために在来の植物を植えるなどの取り組みをしている。日本のスキー場も、このような取り組みを、是非とも見習ってほしい。

Eco Diamonds
Conflict Free Stones 
平和なる宝石

WEBLINKS
www.brilliantearth.com
www.dejoria.co.uk
www.diamondsforafricafund.org

光り輝くものには暗く、汚い裏側があるものだ。世界に流通するダイアモンドの多くは、アフリカの劣悪な環境で働かされている奴隷や子供の強制労働によって採掘された、“blood diamonds(血のダイア)”である。
   
ダイアモンドに支払う、あなたの金は、コンゴやシエラレオネ共和国のような暴力的統治国に君臨する独裁者、軍の残忍な活動の資金になっている。しかし、平和を望む消費者のために、“平和なダイアモンド”を扱う業者も増えてきている。

これらの宝石は、家財をリサイクルしたものから、アフリカ地域に根ざしたプロジェクトの中で採掘したもの、またはカナダや南アフリカのサステイナブルな鉱山で採掘されたものなそ様々だ。彼女へのプロポーズを考えているあなたも、自分へのプレゼントを探しているあなたも、お店の人に“平和のダイアモンド”について尋ねてみて欲しい。

Eco Cycling
Battery Free Lights 
電池のいらないライト

WEBLINK
www.reelight.com

 自転車は、エコな乗り物だ。だが夜間に乗る場合、MTBなどでは電池式のライトが必要だった。残念なことに、電池には有害物質やリサイクル困難な物質がたくさん使われている。

そこで朗報、自転車のタイヤの動きを利用して発電する電池が登場した。エコサイクリスト御用達になるであろう「Reelight」は、スポークに取り付けた磁石とホイールの回転によって充電するLEDライト。さらに、台湾発信の最新発明には、ハンドルバーに取り付ける小型風力発電装置まで登場している。

Eco TV
Treehugger Online 
グリーンなオンラインTV

WEBLINK
www.treehuggertv.com

「Treehugger.com」で、グリーンなオンラインTVを! 最新の感性で、なおかつ環境を考慮した番組が揃っている。世界のエコ事情を知りたいなら、チェックすべし。