>  屋外日本雑誌  >  Issue 15 : 3月/4月 2007  > コラム  >  Stay!  >  Nordic Charm in Hakuba

コラム

Stay!

By G.I Chavez

Nordic Charm in Hakuba

2007
Issue 15

Oyado Kayabuki Chaya, Hakuba, Nagano
御宿かやぶき茶屋・長野県白馬村

Private rooms with traditional Japanese architecture make Kayabuki a relaxing place to visit, but the location and access to great activities make this old farmhouse the perfect escape.

築百数十年の古民家を、ほぼそのまま利用して営業する「御宿・かやぶき茶屋」。長野県白馬村切久保、長野オリンピック・クロスカントリーコースのすぐそば。「白馬岩岳スキー場」まで15分という場所にありながら、ひっそりと、昔のまま佇んでいる。
宿泊は、1日3組のみ。暖かな温もりあふれる古民家での時間を、我が家のようにリラックスして過ごしてもらうためのオーナーの心遣いである。彼はこの日、わたしたちを貸切りで迎えてくれた。天井に交差する大きな梁、掘り炬燵、そして囲炉裏。東京に住む我々にとって、まるでタイムスリップしたような異空間だった。 畑の野菜や川で獲れた魚を使ったてづくり料理も評判で、グルメ番組で紹介されたこともあるという。

わたしたちは、ほり炬燵で鴨鍋、刺身、おやきなどの夕食を頂き、その後、囲炉裏でじっくりと地酒の熱燗を楽しんだ。

翌日は、二日酔いになったひとりを「かやぶき茶屋」に残し、クロスカントリースキー、スノーボード、キッズエリアへと、それぞれに遊びに出かけた。 

一日が終わると、茶屋へと帰宅。近くに温泉施設もあるようだが、宿の檜風呂の方が静かでずっといい。遊んだ疲れを心地よく感じながら、再び地酒と手作りの料理を楽しんだ。    

クロスカントリースキー

クロスカントリースキーの楽しみのひとつは、景色をゆっくりと楽しめることだ。白馬からの雄大なアルプスの眺望は、素晴らしい。手入れの行き届いたコースは、傾斜のきつい上りやスピードのでるコーナーが配されたテクニカルなレイアウトになっており、大学のノルディックスキーチームの練習にも利用されている。もちろん、リラックスして滑りたい人も、各所に迂回路があるから安心だ。 

「白馬岩岳スキー場」の麓からスタートするコースは、次第に森に近づき、上り始める。その後、頂上までさらに上るコースと緩やかに下り始めるコースに分かれている。後半は、短い上り下り。橋を渡って森を抜けると、いよいよゴール前の平坦なコースだ。私は世界チャンピオンと競り合う、ラストスパートを思い浮かべて滑った。

PRACTICAL INFO

Oyado Kayabuki Chaya (かやぶき茶屋)

Address:
〒399-9301長野県北安曇野郡白馬村字切久保
Tel: (0261) 72-5454
Web: www.kayabuki.jp