>  屋外日本雑誌  >  Issue 16 : 5月/6月 2007  > コラム  >  The Local Brew  >  Hansharo Beer, Izunokuni City, Shizuoka

コラム

The Local Brew

By Bryan Harrell

Hansharo Beer, Izunokuni City, Shizuoka

2007
Issue 16

伊豆半島で楽しめるアウトドア・スポーツは山ほどある。でも、地ビールを味わえるところはそうはない。 
伊豆で上手いビールを飲みたいと思ったら、比較的アクセスがいいのは、反射炉ビールの「蔵屋鳴沢」だろう。ここの地ビール・レストランは、伊豆箱根鉄道・伊豆長岡駅からすぐ、または東海道新幹線の三島駅から20分のところにある。

   「反射炉」という名は、1800年中頃に建てられた大砲を鋳造した”反射炉”からつけられた。ここでつくられた大砲は、入港してくる船を追い払うために、東京のお台場に据え付けられたもという。いまも多くの人が訪れる反射炉跡地に「蔵屋鳴沢」という酒蔵ができ、後にビールもつくり始めたというわけだ。 

ここで注目したいのは、「大吟醸政子」の日本酒の酵母を使ってつくった、軽く、小麦色のエール。酒の味はまったくしないが、スムースで、誰でも呑みやすいビールだ。 

他の定番ビールには、吟醸政子に比べてドライなペール・エールの「太郎左衛門」とロースとされた数種類のモルトを配合して仕込まれた黒ビールの「頼朝」がある。 これらのビールは、反射炉ビールとともに2,000~3,000円の焼肉コースメニューが中心のレストランでも味わえる。値段は320ml入りグラスが 400円、1.4Lピッチャーが1500円。まずは、800円ですべてのビールが味わえるテースティング・セットを注文することをおすすめする。

  なお、「反射炉」ビールなら売店で買うことができ、送料がかかるが自宅まで発送してもらうことができる。

蔵屋鳴沢・反射炉ビール
静岡県いずのくに市中268-1
電話: (055) 949-1208
営業時間(ラストオーダー):
月曜日~木曜日/AM11:00~PM14:30、
金曜日/AM11:00~PM22:00、
土日祝日/AM10:00~PM22:00

Web site: www.kuraya-narusawa.com(日本語のみ)