>  屋外日本雑誌  >  Issue 16 : 5月/6月 2007  > コラム  >  Eco Corner  >  Choices for Sustainable Lifestyles

コラム

Eco Corner

By Jake Reiner

Choices for Sustainable Lifestyles

2007
Issue 16

ジェイコブ・レイナー: エコ建築家であり、地球大使館、ソーラーカフェ・ディレクター。地球に優しいライフスタイルとエコリビングの詳細はこちらへ www.earthembassy.org.

Eco Foods

JAS有機食品

www.jona-japan.org

有機食品とは、有害な化学物質を植物や土壌に加えることなく育てた食品のことである。 もちろん、人にも、環境にも優しく栽培されている。有機食品を買うにはどうすればよいのだろうか? それには、世界各国で基準が設けられているのだ。米国では3年以上、化学物質を使用しておらず、土壌にある化学物質が除去された状態の農場で栽培されたものでなければ有機食品の表示はできない。日本では、日本農林規格であるリーフマークが目印だ。スーパーやコンビニで見かけることが多くなった。友達にも教えてあげよう。

Eco Responsibility

排出した二酸化炭素を中和

www.carbonfund.org
www.carbonfootprint.com

日々の生活で、あなたが出している地球温暖化物質=Co2(二酸化炭素)の量はどれくらい? 飛行機を頻繁に利用する人のCo2排出量は、ジェット燃料を消費することで一般的な排出量の50倍にもなるそうだ。植林プロジェクトや風力、太陽光発電などのエネルギープロジェクトは、あなたのCo2排出量を相殺することを可能にするプロジェクトだ。  

わずかな投資で(通常¥1000~¥3000)、大気圏に排出しているCo2の減少に貢献できる。航空券を予約すると同時に、インターネットでこれらのプロジェクトに投資して、あなたのフライトを少しでも環境にフェアなフライトにしよう。プロジェクトに参加することで、自宅や学校、ビジネスもフェアなものにすることができる。そうすれば、少なくともあなたは汚染者ではなくなるのだ。  .

Eco Illumination

ソーラーランタン

www.21st-century-goods.com
www.itcltd.com/glowstar

電池が環境によくないものであることは、おそらくあなたも知っているだろう。電池には有害重金属がたくさん使われており、リサイクルも難しい。ではキャンプで照明が必要な時、どうすればいいのだろう? 

ソーラーランタンが、その答えとなるかもしれない。日中太陽光を充電し、暗くなってからのキャンプ料理や読書に使えるランタンだ。インターネットで探せば、 85ドルくらいで手に入る。 「SL9000SW」は折りたたみソーラーパネルが内蔵されたタイプ。「Glowstar」は、Practical Action Consulting者がアフリカの田舎の家庭に太陽光電力を普及させるために開発した製品で、すでにアメリカやイギリスで販売されている。世界各地に代理店を拡大しているらしい。キャンプでのエコ照明を探している人も、代理店としてのビジネスに興味がある人もぜひチェックして。

Eco Travel

グリーンリゾート&ツアー

www.sustainabletravelinternational.org
www.greentravelmarket.info
www.tourismgender.com

世界中どこでも、観光客が文化や経済、環境に与えるインパクトは、いい意味でも、悪い意味でも、かなり大きい。 カメラを持ったバックパッカーが出すゴミとお金は、伝統的な村落のあり方を変えてしまう恐れがある。その一方で、良心的なエコツアーの観光客は、その地方独特の暮らしや自然を保護、維持するのに役に立つ。  どこかに出かけるなら、エコで誠実な旅行方法をインターネットで調べてみよう。「Green Travel Market」には、コスタリカのエコビレッジ訪問やタイのファームステイなどのエコツアーがたくさん紹介されている。

エコツアーに関わるビジネスの立ち上げを考えている人は、「Sustainable Travel International」でトレーニングとサポートを受けることもできる。また、「Tourism Gender」は、ツーリズムを通して未開発地域の女性の生活向上を図るシステムだ。旅の経験を得ながら、世界をよりよいものにすることができるかもよ。