>  屋外日本雑誌  >  Issue 17 : 7月/8月 2007  > コラム  >  Memories of Sound

コラム

By Hikaru Bruntland

Memories of Sound

2007
Issue 17

ある時、偶然入ったお店から、昔懐かしいヒット曲が流れていて、 音の記憶に導かれるまま、気持ちはすっかりタイムマシンに乗ってあの頃の自分に戻ってしまった。そんな経験は、ありませんか? 

そっと目を閉じてみると、我々は実にいろいろな音に囲まれながら生活していることに気づきます。建物を通り過ぎていく風の音、道を行き交う車の音、荷物をトラックから運び出す音、買い物帰りにお母さんに怒られている子供の泣き声、そして自分の呼吸。。。今回、ご紹介したいのは、ヨガとリラクゼーションのための音楽。

アフリカンドラムをベースとしたホリスティックなリズムと落ち着いたトーン、瞑想的な環境をつくりだす70分。フルート、アコースティックギター、そしてサンスクリッド語で歌われたユニバーサルなポジティブメッセージがたっぷり入った歌声によるアルバム『Nada』。

リラクゼーションのためのポーズとヨガの呼吸法の解説も付いてきます。

心身のバランスを整え、 我々を元気づけ、きっと心地のいい音の記憶をつくる手伝いをしてくれる一枚となるはずですよ。

Nada-Ambient Percussion for Yoga and Relaxation

詳しくは、ヨガワンWebサイト http://savannaco.blog.drecom.jp/archive/50へ。
http://www.myspace.com/yoganada で試聴もできます。