>  屋外日本雑誌  >  Issue 18 : 9月/10月 2007  > コラム  >  Trail Recipes  >  The Secret of the Daikon

コラム

Trail Recipes

By Hikaru Bruntland

The Secret of the Daikon

2007
Issue 18

味覚の秋がやってきました。秋野菜の天ぷら、秋刀魚などなど美味しいものばかり! ところで、焼き魚や天ぷらの横に必ずといっていいほどついてくる大根お ろしについて考えてみた事ありますか?生の大根は、いま食べている脂肪分を分解する作用が、切り干し大根には過去に食べて体内に溜まっている脂肪を分解 し、流し出してくれる作用があるそうです。マクロビオティックのレシピによく出てくる切り干し大根は、サラダに入れたり、煮物にしても美味しいいのです が、今回は食べ過ぎが続いたり、旅行先で外食が続いたときなどに簡単に作って飲める「切り干し大根茶」をご紹介しましょう。

①切り干し大根を軽く洗う。
②切り干し大根を4倍の量の水で20分ほど煮る。
③煮汁をコップ一杯ほど食間に飲む。

注:利尿作用があるので飲むタイミングを考え、あまり大量には飲まないように!