>  屋外日本雑誌  >  Issue 19 : 11月/12月 2007  > コラム  >  Life Hints  >  Life-saving Scarves

コラム

Life Hints

By Hikaru Bruntland

Life-saving Scarves

2007
Issue 19

南米ペルーやボリビアを中心としたアンデス山脈に生息しているラクダの一種アルパカ。アンデスの宝石とも呼ばれ、シルクのような光沢があり、手触り もなめらかなアルパカの毛は、毛足が長く、軽く、丈夫な上に保温性にも優れていて、高級毛織物として世界で人気を集めています。
フェアートレードカンパニ "People Tree" の調査によると、大手メーカーが染
色の容易な白い毛だけを買い求めるために、黒、こげ茶、グレーなどの色つきアルパ
カの商品価値が大幅に下がり、食用として売られるなど、その数はどんどん減り続け
ているそうだ。そこで同社では、アルパカの自然な色合いを活かした製品をデザイ
ン、販売し、色つきアルパカの生存を助けている。一枚のスカーフに必要な毛の量は
約200g。アルパカ一頭からは毎年約1kgの毛がとれるので、5枚のスカーフで1頭
のアルパカを救える計算となる。この冬は色つきアルパカと一緒に、ハートも体もあ
たたまる冬を過ごしてみませんか?

フェアートレードカンパニー"People Tree"
http://www.peopletree.co.jp
http://www.peopletree.co.jp/07aw/07aw_w_ak.html