>  屋外日本雑誌  >  Issue 19 : 11月/12月 2007  > コラム  >  Eco Corner  >  Choices for Sustainable Lifestyles

コラム

Eco Corner

By Jake Reiner

Choices for Sustainable Lifestyles

2007
Issue 19

Eco Shredding
Sustainable Snowboards

持続可能なるスノーボード

米国コロラド州を拠点とする「Venture Snowboards」は、サステイナブルな堅木材を使ってボードを1枚づつ手作りする会社。環境への影響を最小限に抑えるため、企業の電力は全て風力発電でまかない、トップシートの材料はヘンプ、またはコットンから選ぶことができる。収益の一部を「1% For The Planet(www.onepercentfortheplanet.org)」に寄付している。
また、「Arbor Sports」は竹材によるスノーボードのラインアップを拡大した。竹は再生可能な木材で弾力性に富んでいる。日本では限られたショップでしか扱われていないが、新しいデザインが注目のボードだ。

Web Links
www.venturesnowboards.com
www.arborsports.com

Eco Navigation
Don’t Get Lost with Solar Powered GPS Logger

太陽光発電のGPSをどうぞ

バックカントリーのルートを正確に記録したい、といった方法にぴったりなのが「i-Blue757 Pro GPS」だ。この太陽光発電GPSをバックパックにつけておけば、Google Earthで自分の滑ったあとをトラッキングできるのだ。さらに予備バッテリーがあれば、曇りの日も安心。晴れた日なら連続100時間以上使える。 Bluetooth対応で、重さはたったの105g。日本なら都会の裏道検索にも役立つはずだ。

Web Link
www.transystem.com.tw

Eco Fashion
HUK Snow Wear
エコファッション

今年、ゲレンデ・ファッションのキーは“良心”だ。「HUK」のスキー&スノーボードTシャツは、オーガニックコットン製。売上げの5%が「ethicSnow(www.ethicsnow.co.uk) 」基金へ寄付される。この企業は、誰からも、どこからも搾取しないビジネスを実践している。発送に使うのは生分解可能な“Eco Polly Jackets”で、海外向け発送も受け付けている。契約ライダーは、プロではないがすごいライダーばかりだ。

Web Link
www.hukapparel.co.uk
エコファーストフード

Eco Fast Food
Mos Burger’s No Meat Menu

モスバーガーの肉なしメニュー

ヘルシーで社会的責任をわきまえた食生活を目指していても、たまには簡単で脂っぽいものが食べたくなるものだ。モスバーガーは、アメリカ発ファーストフードに対向する“日本のスローバーガー”として1970年代に生まれた。ゴボウをご飯にはさんだベジタリアンバーガーが人気だ。モスは、低農薬の野菜や牛肉を使い、CSR (企業の社会的責任)プログラムに参加している。日本でのエコ・フレンドリービジネスのトレンドに貢献してきた企業であり、そのうえ美味しいのだ。

Web Link
www.mos.co.jp

Eco Protection
Safe Sex with Vegan Condoms
エコで安全コンドーム

木からつくられたコンドームなら完全菜食主義の人だって、安心して使える。グライド社製の動物由来原料を使わないコンドーム。潤滑材は水性のもの。もちろんトイレに流したり、リサイクルは厳禁。東京の「Love Piece Club(Tel: (03)-5775-3842)」で手に入る。

Web Link
www.glydehealth.com