>  屋外日本雑誌  >  Issue 22 : 5月/6月 2008  > コラム  >  Nature Trails  >  Exploring Mitake-San

コラム

Nature Trails

By Mitsuko Totani

Exploring Mitake-San

2008
Issue 22

御岳登山鉄道・滝本駅でケーブルカーを降りたら、武蔵野平野を見渡してみよう。地元の侍たちが御岳山を崇拝と鍛錬の場所に選んだ理由が分かるはずだ。

御岳山の石造りの階段を上ったところにある御嶽神社は、1200年以上の歴史を持つ。電車や車での移動に時間を費やすことなく、森の中を数時間歩いてたどり着くことができるこの場所は、新鮮な空気とエクササイズだけでなく、歴史と文化を求めるハイカーに人気だ。

夏の祭りは毎年6月の第3日曜日(今年は6月15日)に行われ、伝統の獅子舞と神楽が催される。もちろん誰でも見物できる。

神社を訪ねた後は、日の出山へのハイキングへ。標高909mの山頂からは、360度の展望。ここから東京の初日の出を見るのが最高だ。日の出山へのハイキングは往復で2~3時間。ちなみに、英語の看板もある。

 神社から約2時間半の「つるつる温泉」まで足を延ばすのもいい。温泉でリラックスした後に、バスで武蔵五日市駅へ行くことができる。

神社に近づいたところで長尾平、そして「御岳山ロックガーデン」への山道を進む。ベンチがあってくつろぐことができる場所だ。ピクニックもいいだろう。

ロックガーデンまでは往復で2~3時間かかる。最初の分岐点が、七代の滝へと続く道だ。石や階段は滑りやすいので、注意。

USEFUL INFO

週末と祝日の午前中には、 JR青梅線・新宿発奥多摩行きの快速電車(片道¥890。時刻は要確認)がある。必ず、電車の前方車両に乗ること。拝島駅から分岐し、前方車両は立川方面へ、後方車両は武蔵五日市へ向かうからだ。指定席はなし。車中にトイレや自動販売機もない。御嶽駅は奥多摩の1駅前だ。
御嶽駅の改札をでたら、道路を渡り50mほど歩くと左側にバス停がある。ここでバスに乗り、ケーブルカーの駅へと向かう。ケーブルカーから降りて、すぐに左折。鳥居をくぐり、御岳山に向かおう。