>  屋外日本雑誌  >  Issue 22 : 5月/6月 2008  > コラム  >  Stay!  >  Hometown Hospitality and Homegrown Art

コラム

Stay!

By Mitsuko Totani

Hometown Hospitality and Homegrown Art

2008
Issue 22

都心から電車とバスとケーブルカーを乗り継いで約3時間。奥多摩・御岳山にある山香荘を訪れた。外見はごくふつうの宿だが……、扉を開くと、ラウンジをは じめ、館内のいたるところに民芸品や骨董品が飾られている。とても山の中とは思えない不思議な空間。このレトロな雰囲気が人気を呼び、近くにある横田基地 の外人さんたちも、しばしば見学に訪れるという。

山香荘は江戸時代から宿坊として栄えてきた宿だ。代々御岳神社に遣える宮司の家柄で、オーナーの鈴木伊織さん(34才)は19代目に当たる。伊織さんはじめ、妻の真由美さん、母親のカオルさんも明るく話し好きな人柄で、気分はなんだか田舎の親戚の家に泊りに来たようだ。

山香荘は江戸時代から宿坊として栄えてきた宿だ。代々御岳神社に遣える宮司の家柄で、オーナーの鈴木伊織さん(34才)は19代目に当たる。伊織さんはじめ、妻の真由美さん、母親のカオルさんも明るく話し好きな人柄で、気分はなんだか田舎の親戚の家に泊りに来たようだ。

「こんにゃくの味そのものを味わうために、ほんの少しだけ醤油をつけて」と話すカオルさんの言うままに、一切れ口に放り込む。まるで新鮮な白身魚の刺身のような味と食感。びっくりだ。

「お客様と話をするのが大好き」と言う鈴木さん一家。晴れた日には関東平野が一望でき、夜景も美しいという宿自慢の風景。残念ながら今回は、春霞で見えなかった。新緑の頃、また来よう。そんなことを考えながら、おみやげのこんにゃくをザックに入れ、夕暮れの山を下った。

(Getting There)
電車 JR青梅線御嶽駅からケーブル下行バスに乗り終点で下車。ケーブルカーに乗り御岳山駅で下車。御岳神社方面へ徒歩20分。ケーブルカーの始発駅から山香荘までは徒歩1時間。
車 青梅街道から吉野街道へ入り、JR御嶽駅先にある大鳥居を左折。ケーブルカー滝本駅脇に有料駐車場がある。

(Essential)

山香荘
198-0175 東京都青梅市御岳山137
Tel: 0428-78-8476  Fax 0428-78-9435
Web:www11.ocn.ne.jp/~sankoso/
宿泊:1泊2食で9800円と11000円の2種類。
食事どころ、売店があり、民芸品の土産物が豊富。