>  屋外日本雑誌  >  Issue 22 : 5月/6月 2008  > コラム  >  Nature Trails  >  Happy Trails!

コラム

Nature Trails

By Pauline Kitamura

Happy Trails!

2008
Issue 22

トレイルランニング
日本人は古くから、生活や信仰のために山を歩いていた。趣味として、登山をしている人も最近増えたが、「山を走る」という概念はなかった。しかし、今注目を浴びているのはtrail running(トレイルランニング)。“トレラン”とも呼ばれ、公園、里山、森や山道などのunpaved road (未舗装道路、英語ではtrailと言う)を歩くのではなく、「走る」アウトドアスポーツである。

トレランは一人でも楽しめるが、友達と一緒にワイワイ山に行くのも楽しい。急な登りは走ってもすぐ疲れてしまうので、歩くほうが良いでしょう。Do you want to walk the uphills? (登りは歩きましょうか?)しかし、斜面がキツイ場合、歩いてもさらにペースを落としたいなら、Do you want to drop the pace a bit(ちょっとペースを落としましょうか?) または Do you want to go slower?(もう少しゆっくり行きましょうか?) もっと速く走るなら、Let’s run a bit faster!(もう少し速く走ろう!) 友達に着いていけなくて先に行っていてもらうなら、Run ahead(先に行って)と言いましょう。次の分岐で待っていてもらうならWait for me at the next trail junction.

少し休憩が必要な時は、Let’s take a break(ちょっと休憩しましょうか?)。または頂上で昼食を取るならLet’s eat lunch at the top (頂上に着いたらお昼ごはんを食べましょう)。

最後に、登山道を走っているトレイルランナーを見て驚くハイカーがいる。トレイルはみんなと共有しているので山のマナーを忘れずに。通りすぎる時には、こんにちはでもhello!でも良いので、大きな声で挨拶をしましょう!Happy Running!