>  屋外日本雑誌  >  Issue 22 : 5月/6月 2008  > コラム  >  Hyakumeizan: Climbing Japan's 100 Famous Mountains  >  Mountain # 59: Akaishi-dake (3,120 m.)

コラム

Hyakumeizan: Climbing Japan's 100 Famous Mountains

By Ginger Vaughn

Mountain # 59: Akaishi-dake (3,120 m.)

2008
Issue 22

朝4時、自然に目が覚めた。がらがらに空いた山小屋でとった、10時間の睡眠のあとのことだ。ヨガマニアで、気難しい管理人は、わたしが若者風のくだけた日本語を話すのが気に入らないみたいだ。

その日は南アルプスに向かう6日目のハイキングだった。雨が降り続いていたために、ずぶ濡れの衣服やブーツには、すっかり慣れていた。午前中は突風も吹き、視界も効かない。

途中、早稲田大学のハイキングクラブの一行と出会った。にぎやかに笑ったり、随分と元気にしていたので、出発まもないのかと思えば、山に入ってすでに一週間目という。おやつを分け合い、最悪の天気について冗談話をしたり。そして、赤石岳を目指した。

そうこうしていると突然、空が晴れ上がった。太陽が眩しいほどだ。私たちは皆、立ち止まってカウボーイのような掛け声とともに、「南アルプス最高!」と叫 びあった。そして、男性陣は早稲田大学の校歌を合唱した。そんなことをして3分ほど時間が経過すると、すぐに雲で空が覆われ、なんと雨がまた降りだした。 信じられない……。

翌朝、赤石小屋を出発するとき曇り空をみて、今日の天気も期待できないなと思った。今日は7日目、最終日だから晴れ渡った景色を見たかった。

午前中、2000m付近のところにいると雲が消え、青空と緑色の峰々が現れはじめた。10時になると、はっきりと富士山が見え、その後方には南アルプスの山々が見える。1週間、待ち続けていた景色を楽しむために、腰をおろして眺めを満喫した。

Trail Tips:
南アルプスの山小屋は一年中開いているものの、混雑期(7~8月)以外は食事のサービスはない。夏期は非常に混雑するので予約をするか、テント泊としたほうがいいだろう。水場は小屋から離れている場合が多いため、3~5Lほどの容器があるといい。夜は、夏場でも氷点下まで下がる。軽量で風を通さず、速乾性の防寒着を忘れずに。

MOUNTAIN STATS
Mountain: 赤石岳
Difficulty Level: 3 out of 5
Location:  長野、静岡の県境

Contact Information
静岡中央タクシー: (0542) 85-2191
静岡市観光課: (0542) 54-2111
東海フォレーストサービスセンター: (0547) 46-4717
三伏峠ロッジ: (0265) 39-2303
高山村ロッジ: (0547) 46-4717