>  屋外日本雑誌  >  Issue 23 : 7月/8月 2008  > コラム  >  Eco Corner  >  Choices For Sustainable Lifestyles

コラム

Eco Corner

By Jake Reiner

Choices For Sustainable Lifestyles

2008
Issue 23

通勤発電はいかがかな?
Weblink - www.piezo.com

JR東日本がエコな取り組みをしている。乗客が改札を通り過ぎることで発電する圧電素子を、フロアに埋め込む取り組みだ。圧電ディスクを踏むと電流が発 生。渋谷にあるJR東日本の本社 (4F受付)で、現在開発テスト中だ。
全国の駅で実用されれば、無料で電力が得られる。通勤客の小さなステップが、大きなサステイナブルなエネルギーを生み出すとうなんとも壮大な計画だ。

ヘンプとコットンでできた太陽電池内蔵バッグ
Weblink - www.noonsolar.com

ファッションと機能が一体化した「Noon Solar」のソーラーパネル内蔵バッグ。これまでのエコバッグのなかで、もっともスタイリッシュ。クロムを含まない植物由来の素材でなめした皮と、天然 顔料で絞り染めしたヘンプ・コットン素材が使われている。やわらかい極薄ソーラーパネルでiPod、ケータイの充電もラクラクだ。

電動推進派のための次世代バイク
Weblink - www.electricmotionsystems.com

電動推進派のための次世代バイクが「E+ Bike」だ。走行距離はおよそ30~65km、最高速度は50 km以上。発電ブレーキがつく。これまでのバイクに比べると、坂道もラクラク。街乗りが、より快適になる。

力があれば自分でペダリング、疲れてきたらバッテリーに手伝ってもらおう。フロントサスペンション付きのマウンテンバイクスタイル、ビーチクルーザースタ イルもあり。注文はオンラインでどうぞ!


富士山麓で借りる夢の小農園
Weblink - www.edenfarmschool.com

野菜や果樹を育てるスペースをお探しの方へ。富士山麓のエデンファームス クールは、東京からたったの2時間。ここで、小さな畑を借りることができる。道具はすべて揃い済み。スタッフが常駐しているので、年間を通じて管理をして くれるところがうれしい。

 

ドバイに出現! 究極のサステイナブル高層ビル
Weblink - www.atkins-me.com

富と贅沢が集まる街。余剰と無駄の典型と思われることが多いドバイ。だが、ここにある「The Lighthouse」はエネルギー消費65%、使用水量40%削減を目標に設計された高層ビルだ。アトキンスグループが建設し、とてもサステイナブルで グリーン。225kwを一気に発電する直径29mの巨大風力タービン3台と、4,000枚の光起電性パネルがエネルギーをもたらす。このほかに低水量エン ジニアリング、屋上ガーデンなどなど、様々なネルギー回収システムが使われている。